無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

日本初の発酵熟成肉 新製造技術『発酵熟成肉』の黒毛和牛バーガーを遂に発売いたします

ファーストキッチン株式会社のプレスリリース2017年 10月 25日

ファーストキッチン株式会社(代表取締役:紫関修 所在地:東京都新宿区 以下、ファーストキッチン)では、10月26日(木)より全国の「ファーストキッチン」「ファーストキッチン・ウェンディーズ」の新商品として、日本初の発酵熟成肉製造技術「エイジングシート」を使用した三種類の商品を発売いたします。

 本商品は、学校法人明治大学と株式会社フードイズムの産学連携事業としての共同研究の成果であり、安全でかつ迅速な発酵熟成肉を製造することのできる明治大学発ベンチャー、(株)ミートエポックの製品「エイジングシート」を使うことで、黒毛和牛の芳醇な香りと味わい、口どけの良さをお楽しみいただける、国内ファストフード業界初の発酵熟成肉バーガーとなりました。
ファーストキッチンでは、今後もお客様に楽しんでいただける商品の開発を進めてまいります。

【発酵熟成肉黒毛和牛バーガー】
三種類のバーガーに挟んだパティには「エイジングシート」を使用し、通常100日以上かかる熟成を約30日で実現させた発酵熟成肉の黒毛和牛を使用しています。特別に開発したバンズは、お肉の美味しさをひきたたせつつ、噛むたびにほのかな甘みと食感を感じられる全粒粉のバンズを使用。ビーフパティは塩とこしょうだけでシンプルに味付け、発酵熟成肉の美味しさを存分に味わっていただけるバーガーとなっております。

■発酵熟成肉 黒毛和牛バーガー 1,000円
発酵熟成肉のジューシーな美味しさが伝わるよう、塩とこしょうでシンプルに味付けしたパティとトマト・グリーンリーフを全粒粉の特製バンズでサンドしました。

■発酵熟成肉 黒毛和牛チーズバーガー 1,080円
発酵熟成肉黒毛和牛バーガーに相性抜群のチェダーチーズをプラス。かぶりついた瞬間、ジューシーなパティとチェダーチーズ、フレッシュな野菜の美味しさが口いっぱいに広がります。

■発酵熟成肉 黒毛和牛ワイルド☆ロック 1,800円
バンズの代わりに2枚のパティで具材を挟んだ低糖質バーガー「ワイルド☆ロック」を発酵熟成肉黒毛和牛パティでもお楽しみいただけます。
フレッシュな野菜、お店で焼いたベーコンエッグ、特製タルタルソースをあわせた一味違う美味しさをお楽しみいただけます。

【「エイジングシート」とは】
ドライエイジング法により製造される熟成肉では、“カビ”の増殖によって肉の成分が美味しさや好ましい香り変化します。(株)ミートエポックでは、肉の熟成に利用できる人体に無害な“カビ”を純粋に培養し、回収した胞子を滅菌した布に付着させることに成功しました。この布が「エイジングシート」です。「エイジングシート」で包んだ肉は、
熟成に必要な“カビ”が短期間で増殖します。それにより腐敗の防止と、かつ肉の熟成が促進されることで、安定して短期間で『発酵熟成肉』を製造することができます。

【「エイジングシート」の『発酵熟成肉』とは】
熟成肉は一般的には寝かせて製造した肉のことです。微生物(カビ)もこれという決まりがなく、増殖も不安定でした。その結果製造に時間がかかり、品質が安定しませんでした。一方、「エイジングシート」で作る『発酵熟成肉』は、熟成肉に有効な微生物(カビ)のみを利用し、肉全体に強制的に付着させることで、微生物の増殖を安定させ、香り成分の増加など肉の熟成が促進されます。
「エイジングシート」で製造された『発酵熟成肉』は、筋繊維が噛み切りやすくなる“肉質の軟化”、不飽和脂肪酸(*1)の増加による“脂肪の口解けのよさ”といった特徴と“熟成香”といわれるミルクやナッツに似た芳醇な独特な香りが口の中に広がります。
(*1)不飽和脂肪酸-炭素間の結合に二重結合をもつ脂肪酸。飽和脂肪酸(二重結合のない脂肪酸)と比べて、融点が低い。不飽和脂肪酸は、まぐろ、いわし、さんま、さばなどの魚類やオリーブ油、ゴマ油、シソ油、グレープシード油などの植物油に多く含まれている脂質。
常温で固まりにくく体内で液体であるというのが特徴であり、血中の中性脂肪やコレステロール値を調節する働きがあるといわれています。

【「エイジングシート」を使用した『発酵熟成肉』取り扱い店 認定マーク提示】
「エイジングシート」を使用した『発酵熟成肉』の商品は、明治大学と株式会社フードイズムの共同研究の成果である発明(特願2016-031727)が用いられるため、国内外の取引先企業の取扱店では、認定書を店頭および販促物に掲示することとし、差別化を図ってまいります。

■ファーストキッチン・ウェンディーズとは
アメリカ発のハンバーガーチェーン「Wendy‘s」と日本生まれのハンバーガー&パスタチェーン「First Kitchen」、どちらの味もお楽しみいただける世界初のファストフードコラボ店として関東、関西を中心に24店舗展開しております。

■ Wendy’sとは
1969年、アメリカ・オハイオ州で誕生した「Wendy’s」。
ボリューム満点のジューシーなハンバーガーやチリなど、ワンランク上のメニューを提供しています。イメージキャラクターは、赤髪がキュートな美少女「ウェンディーちゃん」。創業者の最愛の娘がモデルとなっています。The Wendy’s Companyは、現在世界29の国と地域で6,537店舗※を展開する世界第3位のハンバーガーレストランチェーンです。 

■ First Kitchenとは
1977年創業、日本生まれの「First Kitchen」は、現在全国約130店舗を展開する国内業界売上高第4位のハンバーガーチェーンです。
日本人の繊細な味覚にマッチする味を追及した「ベーコンエッグバーガー」は創業当時からの人気メニュー。ほかにも選べるフレーバーポテトやパスタ、スープ、デザートなど、従来のハンバーガーショップにはない、独自のメニュー展開で女性ファンが多いファストフード店です。

ジャンル
商品・サービス
業界
食品・飲料
掲載日
2017年 10月 25日
タグ
グルメ 焼肉 熟成肉 低糖質 バーガー

月別掲載数

お知らせ