無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

人口1000人の里山にJターン女性が 日本初の短期集中型製菓学校を開校

クレーム・エ・メティエのプレスリリース2017年 10月 12日

■「3ヶ月間」「60万円」で、プロ向けのフランス菓子技術が学べる。
■生徒は作ったお菓子の販売もでき、SNS活用でほぼ連日完売している。
■校舎は空き倉庫をリノベーションして活用。

東京・新宿で10年間カフェ・焼き菓子工房を主宰し、100人以上の生徒を指導してきた加藤みどり(代官山イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ師範資格/フランス・イッサンジョー国立製菓学校 フランス「エコール・ルノートル」卒)が、高知県土佐山に拠点を移し、新たにプロパティシエを養成する学校『エコール・クレーム・エ・メティエ』を開校しました。

通常1~2年で150万円ほどかかる製菓の内容ですが、従来の専門校にあるような無駄を徹底的に省き、短期集中・実践型コースを独自に開発しました。

最大の特徴は、作ったお菓子を生徒自ら販売できることです。実際に2017年9月から第一期生が、原価計算や販売を行っています。地元の方以外にも、インスタグラムやフェイスブックを見た方が、車で2~30分ほどの市内から来て購入することもあり、多い時では1日30個ほど販売しています。

受講時期は春・秋・冬の3シーズン各3ヶ月。また、近隣に生徒用のシェアハウスも用意し、集中的に学びたい方や、遠方からの要望にも対応しています。

[お問合せ]
crème et métier / クレーム・エ・メティエ
高知市土佐山120-6 アコテアベニュー1階
080-6568-3101[加藤]/cremeetmetier@gmail.com
cremeetmetier.com

ジャンル
商品・サービス
業界
教育・資格・人材
掲載日
2017年 10月 12日
タグ
起業 移住 パティシエ 製菓学校 中山間

月別掲載数

お知らせ