無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

日本華人教授会議第14回年次国際シンポジウムのご案内

日本僑報社のプレスリリース2017年 10月 11日

日本華人教授会議第14回年次国際シンポジウムのご案内
  http://duan.exblog.jp/25824227/ 

【日本僑報社発】日本華人教授会議の第14回年次国際シンポジウムが10月14日(土)、「不確実性の時代における東アジア協力の在り方」と題して下記の通り開催されます。
丹羽宇一郎氏(日中友好協会会長・前駐中国大使)が「激動する世界と日中関係のこれから」と題して基調講演を行うほか、日中で活躍する学者、研究者らが日中関係や東アジアにおける産業、経済、IoTなどについて最新報告や討論を行います。
皆様、ふるってご参加ください(参加費無料、要申込)。

■日本華人教授会議の第14回年次国際シンポジウム■
「不確実性の時代における東アジア協力の在り方」
【開催日時】:2017年10月14日(土)13:00 ~17:00
【開催場所】:東京大学本郷キャンパス・山上会館 
【参加費】:無料

プログラム
◆開会式と基調講演(13:00-13:50)
開会挨拶:廖赤陽(日本華人教授会議代表)
来賓挨拶:薛剣(中国駐日大使館公使参事官)
基調講演:丹羽宇一郎(日中友好協会会長・前駐中大使)
「激動する世界と日中関係のこれから」

◆第一セッション:「一帯一路」と東アジア経済協力(13:50-15:10)
報告:
1.朱建栄(東洋学園大学教授)「朝鮮半島の非核化と日米中のイニシアティブ」
2.杜進(拓殖大学教授)「東アジアの経済統合の諸枠組みについて」
3.服部健治(中央大学教授)「日本から見た東アジア経済統合へのアプローチ」

パネリスト
1.李瑞雪(法政大学教授)
2.凌星光(福井県立大学名誉教授)
質疑応答  ―休憩(15:10-15:30)―

◆第二セッション:IoT時代の新産業革命の展望(15:30-16:50)
報告:
1.金堅敏(富士通総研主席研究員)「日中イノベーション活動の比較」
2.陳文西(会津大学教授)「ビッグデータとヘルスケア」
3.李志東(長岡技術科学大学教授)「IoT時代:中国の実践と展望」

パネリスト
1.崔龍洙(自治医科大学教授)
2.李睿栋(NICT研究員)

質疑応答
◆閉会式(16:50-17:00)
総括:廖赤陽  閉会挨拶:凌星光

【申込み、お問い合わせ先】: 日本華人教授会議事務局 水本順子
Email: cjac@bz01.plala.or.jp FAX:03-3518-9771

ジャンル
イベント
業界
教育・資格・人材
掲載日
2017年 10月 11日
タグ

月別掲載数

お知らせ