無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

株式会社ラブ・ラボは「健康経営優良法人2017(中小規模法人部門)認定」を受けました。

株式会社ラブ・ラボのプレスリリース2017年 09月 29日

株式会社ラブ・ラボ(代表取締役 谷本 昌英)は、平成29年8月23日付で、
「健康経営優良法人2017(中小規模法人部門)認定」を受けました。

健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰する制度です。
健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としています。 
弊社のこれまでの健康経営に対する取り組み活動に基づき、「定期健診受信率」「コミュニケーションの促進に向けた取り組み(いいとこシール)」「運動機会の増進に向けた取り組み(ラジオ体操、ラン・ラボ)」「受動喫煙対策」「従業員感染症予防に向けた取り組み(予防接種)」など幅広く実施した結果、今回認定を受けたものです。今後もラブ・ラボでは社員の健康に対し環境を整備するために取り組みを積極的に進めてまいります。
【ラブ・ラボにおける取り組み内容】
「健康宣言の社内外への発信」「健康づくり担当者の設置」「定期健診受信率」「受診勧奨の取り組み」「コミュニケーションの促進に向けた取り組み(いいとこシール)」「食生活の改善に向けた取り組み」「運動機会の増進に向けた取り組み(ラジオ体操、ラン・ラボ)」「受動喫煙対策」「従業員感染症予防に向けた取り組み(予防接種)」

【今後の取り組み予定】
・ストレスチェックの実施 ・管理職又は一般社員に対する教育機会の設定
・適切な働き方実現に向けた取り組み 

                       株式会社 ラブ・ラボ

認定の条件は、健康経営銘柄選定の必須項目と同じく、(1)経営理念(経営者の自覚)、(2)組織体制、(3)制度・施策実行、(4)評価・改善、(5)法令遵守・リスクマネジメントとなっており、法人の規模に応じて達成レベルの基準が設定されています。経産省では、「健康経営優良法人」と認定された企業に対し、金融機関による低金利融資や人材関連企業からの人材確保支援を受けられる制度を導入するなど、インセンティブの充実を図っていく方針です。

ジャンル
経営情報
業界
ファッション
掲載日
2017年 09月 29日
タグ
健康経営 日本健康会議

月別掲載数

お知らせ