無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

中目黒で秋の魚と秋あがりのちょい飲みイベント。焼きサンマも。

日本酒応援団株式会社のプレスリリース2017年 09月 21日

報道関係各位
2017年9月

中目黒で秋の魚と秋あがりのちょい飲みイベント。焼きサンマも。
水産と日本酒のベンチャー企業、異色のコラボイベント大好評の第二弾!
    
ITを使った水産流通のプラットフォームを構築・提供する株式会社フーディソン(東京都中央区/代表取締役CEO山本徹、以下フーディソン)と、オリジナルの日本酒を企画・販売する日本酒応援団株式会社 (東京都品川区/代表取締役古原忠直、以下日本酒応援団)の合同イベント。前回夏に実施し好評を博したことから、今回秋の第二弾を開催。秋に旬を迎える魚介と生酒「秋あがり」を気軽に楽しめる角打ちイベントを「サカナバッカ中目黒」にて2日間限定で開催します。

●イベント概要
日時:9月30日(土)・10月1日(日)11:00-18:00
場所:サカナバッカ中目黒
内容:日本酒応援団が販売する島根・石川・大分の3地域の生酒に、その土地で水揚げされる魚介をセットにして、立ち飲みスタイルで販売します。今回は、脂がノリ始める秋の旬魚とほどよく熟成した秋の生酒「秋あがり」をご用意しました。

●メニュー例
(左)島根「KAKEYA純米」「ホタルいかの丸干し」
(中央)石川「NOTO純米大吟醸」「イカの黒造り」
(右)大分「KUNISAKI別格純米」「寒ブリのなめろう」
※お酒に合わせるツマミは、仕入れ状況により変更となる場合がございますのでご了承ください。

●時間限定イベントも開催!15時から焼きたてサンマも登場!
両日とも時間限定のイベントを開催。イベント開始の11:00からオーダーいただいた方先着20名様に「記念のオリジナルおちょこ」をプレゼントするほか、15:00からは秋の味覚の代表「秋刀魚(サンマ)」を焼立てで販売。酒好きにたまらない、最高の秋の夕暮れをお届けします。
※数に限りがありなくなり次第終了です。当日の仕入れ状況によりご用意できない可能性がありますのでご了承ください。

●取り組みの背景と今後の展開
かつて日本の和食文化に欠かせないものだった「水産物」と「日本酒」の消費は、年々減少の一途を辿っています。ベンチャー企業である「フーディソン」と「日本酒応援団」は、IIT分野の強みを生かし、新しい発想で業界発展のための新しいサービス・仕組み作りに挑戦しいます。今回、そんな業界環境や目指すビジョンに両者が共感し、共同の取り組みとして、どなたでも気軽に日本酒や魚を楽しめるイベントを開催することとなりました。今後定期的な実施を予定している他、長期的に水産業界と日本酒業界を活性化していくために協力して取り組んでいきます。

●会社概要
・日本酒応援団株式会社:事業の特徴「日本酒のあるライフスタイルを、世界中に」というミッションのもと、「田植えから世界販売まで」を行う日本酒に特化したベンチャー企業。全国の酒蔵と組み、社員全員が田植えから酒造りまでの醸造サポートを行いながら、自社ブランドの日本酒を企画・販売。現在は島根、石川、大分、埼玉の4蔵で醸造し、今後全国30蔵との協業を予定している。
ウェブサイト: http://welovesake.com 公式ストアhttps://welovesake.stores.jp

・フーディソン:「世界の食をもっと楽しく」をミッションに、食にまつわる不都合を解決し食の世界にイノベーションをもたらすため2013年創業。飲食店の日々の食材調達をサポートする「魚ポチ」(うおポチ)システムによる卸売事業と、「sakana bacca」(サカナバッカ)というブランドで展開する鮮魚専門店での小売事業の2つをベースにして、サプライヤーと最終消費者をつなぐプラットフォームを構築します。ウェブサイト: http://foodison.jp

■本件に関する報道関係者からのお問合せ先
日本酒応援団株式会社 広報担当:熊野
電話:03-4571-2548 メールアドレス:staff@welovesake.com FAX:03-6869-4543

ジャンル
商品・サービス
業界
食品・飲料
掲載日
2017年 09月 21日
タグ
中目黒

月別掲載数

お知らせ