無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

19歳がプロサッカー選手を目指しながら起業

グローバルサッカークリニックのプレスリリース2017年 09月 19日

現ドイツ在住、アメリカ生まれの日本人。元LA Galaxy 所属でアメリカ代表候補にも選ばれた現役選手が、これからのサッカー選手を目指す子供たちに経験を提供する場を作るためのプロジェクトを開始。舞台は全世界。この事業では、若い選手に世界のトップレベルの監督から指導を受ける経験と場を提供する活動を行います。

2017年9月14日よりクラウドファンディング・プラットフォーム「CAMPFIRE」にて、キャンプファイヤーにて、12月に生まれ育ったカリフォルニア州のロサンゼルス付近でサッカークリニックを開催するために必要な資金、会社設立に必要な資金を募集しております。

サッカーで世界を繋げる!様々な国で「経験」ができる環境を作りたい
https://camp-fire.jp/projects/view/43485

なぜ、自分がこの事業を始めようと思ったかというと、大きな理由の一つとして”サッカーだけをしているサッカー選手”にはなりたくないという考えがあります。現在、本田選手や中田選手、今まで日本でトップレベルの選手と言われている人は自分の事業でも成功を収めています。

現代の考え方として、サッカー選手になるためにはサッカーに100%の時間を費やさないとなれないという考えがあります。ただ、自分は海外で生活してきて果たしてそれは正しいのかと疑問に思うようになりました。なぜなら、どの世界の選手と比べても日本のサッカー選手は努力量が群を抜いていまが、海外のサッカー選手の方がレベルが高いとされています。自分も今まで沢山の選手を見てきましたが、決してサッカー選手に一番必要なのは努力ではないと思うようになりました。もちろん努力は大切です。しかし、自分の中で、サッカー選手いなるために必要なのは、「経験」だと思うのです。自分はこのプロジェクトで、これからサッカー選手になりたいと夢見る人に、経験の場を作っていきたいと思っています。

そして自分は、この経験を通じて選手として繋がりを増やし、自分自身も経験を積んでいきたいと思っています。アマチュア時代から事業を始め、事業も成功し、プロサッカー選手としても成功すれば、興味深くありませんか?

ジャンル
未分類
業界
スポーツ
掲載日
2017年 09月 19日
タグ

月別掲載数

お知らせ