無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

極めて廉価なLED育苗システム(植物工場)の導入費用と必要資材を公開

超低コスト植物工場技術指導会のプレスリリース2017年 09月 18日

9月18日、超低コスト植物工場技術指導会(代表:谷本 征樹)は極めて廉価なLED植物工場を自作するために必要な費用と資材を公式サイトにて公開した。

植物工場での野菜生産工程には苗を作る工程と植え替えて大きく育てる工程の2段階がある。このため専用の育苗システムが不可欠である。

しかし、育苗システムの約1000万円の導入費用を要していた。一方、この度公開した資材を活用して自作すれば同等容量のLED育苗システムを70万円で導入できる。今後は育苗システムの組み立て方や植替え後の栽培システムについても情報公開を行っていく。

超低コスト植物工場技術指導会は技術者である谷本が植物工場の価格破壊と関連技術のオープンソース化を行うべく本年5月に設立した。「技術要素を極限まで簡素に」「廉価な資材を用いる」「自作(自力設置)する」という3つの組み合わせによって植物工場の価格破壊を支援し、植物工場事業者が陥っている赤字傾向や短期倒産傾向からの脱却を目指す。

ジャンル
調査・研究結果
業界
コンサルティング・シンクタンク
掲載日
2017年 09月 18日
タグ
LED 農業 新規事業 植物工場 空き物件

月別掲載数

お知らせ