無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

鹿児島・奄美大島の「山田珈琲 Amami Island」が、奄美群島産さとうきびと自家焙煎スペシャリティコーヒーが原料の「きびおれ」を9月8日に販売開始!

アビコムデザイン合同会社のプレスリリース2017年 09月 04日

創業4周年を記念して、自家焙煎のスペシャリティコーヒーと奄美群島産のさとうきびを原料とする含蜜糖(がんみつとう)*を組み合わせた南の島らしい飲料を開発。本格的な珈琲の味わいと、体にやさしいすっきりとした甘みが特長のカフェオレベースです。

鹿児島・奄美大島にある自家焙煎の珈琲店「山田珈琲 Amami Island(所在地:鹿児島県奄美市、代表者:山田 拓郎、以下 山田珈琲)」は、創業4周年を記念して自家焙煎したスペシャリティコーヒーと奄美群島産さとうきびを原料とする含蜜糖(がんみつとう)*を組み合わせたカフェオレベースの飲料「きびおれ(加糖)」の販売を9月8日(金)に開始します。

「きびおれ」は、「体にやさしい南の島のカフェオレベース」をコンセプトに開発。家庭でも本格的な珈琲の味わいを楽しんでいただける新しいタイプの飲みものです。

▼ 「きびおれ(加糖)」商品紹介・販売ページ:
https://amamiycoffee.theshop.jp/items/7888915

■自家焙煎のスペシャリティコーヒーと奄美群島産さとうきびを原料にしたシンプルな無添加素材のカフェオレベース飲料

9月8日(金)から販売を開始する「きびおれ(加糖)」は、鹿児島・奄美市の山田珈琲が自家焙煎したスペシャリティコーヒーと、地元・奄美群島産さとうきびを原料とする含蜜糖(がんみつとう)*を使ったカフェオレベースの飲料です。

9月8日(金)は、山田珈琲にとって創業4周年の記念日です。これを記念して開発に取り組んだ「きびおれ」は、次のような特徴やメリットのある商品となります。

1.自家焙煎スペシャリティコーヒー100パーセントのオリジナルブレンド
国際基準を満たした最高品質のコーヒー豆「スペシャリティコーヒー」を100パーセント使用しています。
カフェオレでも深みのある珈琲本来の風味と、すっきりとした後味のバランスを考慮した焙煎方法とブレンドを行っています。

2.奄美群島産さとうきび100パーセントの含蜜糖(がんみつとう)*を使用
砂糖は南国の太陽をたくさん浴びて育った地元の特産品「奄美群島産さとうきび」を100パーセント使用した含蜜糖(がんみつとう)*です。
含蜜糖*はミネラル成分が豊富で、黒糖にくらべて酸味や雑味が少ないことが特徴の高級な砂糖です。
一般的に加糖のカフェオレベースは白砂糖を原料としますが、山田珈琲は体にやさしいカフェオレベースを実現するため含蜜糖*にこだわりました。

3.シンプルな素材(無添加)
保存料、着色料、香料は一切使用せず、コーヒーと含蜜糖のみのシンプルな原料のカフェオレベース飲料です。

■奄美大島らしいコーヒー飲料の実現が商品開発の背景
2017年3月7日に国立公園として指定された奄美大島がいま、あらためて大きな注目を集めています。
またバニラ・エアが3月26日から大阪(関西)~奄美大島線を開設したことから観光客も急増しています。
*「楽天トラベル」2017年春、国内旅行先の人気上昇エリアランキング(https://travel.rakuten.co.jp/mytrip/ranking/spring/)より

山田珈琲にも観光で来店されるお客様が増え、コーヒー好きの来店者からお土産として奄美大島らしいコーヒーがほしいという声を多数いただいていました。

そこで、以前から新商品開発として検討していたカフェオレベースの飲料に奄美群島産さとうきびの含蜜糖*を加えた「きびおれ」を商品化し、創業4周年に合わせて発売することにしました。

山田珈琲の「きびおれ」が少しでも奄美大島のアピールにつながれば幸いです。山田珈琲ではカフェオレベースの種類(デカフェ、無糖など)を増やして、奄美大島内外のお客さまがお中元やお歳暮で活用できるようなギフトセット商品の展開も予定しています。

■「きびおれ(加糖)」商品概要
商品名:きびおれ(加糖)
発売開始日:9月8日(金)
価格:1,600円(税込)
品名:コーヒー飲料(希釈用)
原料名:コーヒー、含蜜糖(奄美群島産)*
内容量:600ミリリットル
賞味期限:製造日より1年
保存方法:直射日光を避け、常温で保存してください。
使用方法:よくふってからミルクで4倍にうすめてお飲みください。
販売店:山田珈琲の実店舗およびネットショップ
URL:https://amamiycoffee.theshop.jp/items/7888915

*含蜜糖(がんみつとう):製造法の異なる砂糖の種類の1つ。砂糖結晶と母液の糖蜜を分離せずに全体を固化・結晶化させるため、原料本来の甘みや風味の強い砂糖になる。

【山田珈琲 Amami Islandについて】
山田珈琲は代表の山田 拓郎(奄美大島2世)と妻の臣代が大阪から奄美大島に移住し、2013年9月に立ち上げました。奄美大島を中心に自家焙煎したコーヒー豆の販売や観光客向けのコーヒースタンドを展開しています。
店舗が奄美空港に近いため、島外からの観光客も数多く集まる人気スポットになっています。

所在地:〒894-0503 鹿児島県奄美市笠利町和野285-4
代表者:山田 拓郎
設立:2013年9月
URL:https://amamiycoffee.theshop.jp/
事業内容:自家焙煎コーヒー豆の販売、コーヒースタンド
一般のお客様専用 お問合わせ先:https://thebase.in/inquiry/amamiycoffee-theshop-jp

【当プレスリリースに関するお問い合わせ】
企業名:アビコムデザイン合同会社
担当者名:迫田 真吾
URL:https://abcom.jp/
事業内容:グラフィックデザイン、Webデザイン、Web上における広報PR活動支援など
TEL:0997-69-3860
Email:contact@abcom.jp

ジャンル
商品・サービス
業界
食品・飲料
掲載日
2017年 09月 04日
タグ
コーヒー 珈琲 カフェオレ 奄美大島 カフェオレベース

月別掲載数

お知らせ