無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

オランウータン保護活動に全国から100点以上の応募 製品の仕様とロゴデザインを決定 9月1日から発売

有限会社籐芸のプレスリリース2017年 08月 31日

 木製食器製造卸・販売の籐芸(本社桑名市、社長=平田淳)は、非合法な伐採などにより森林が失われ危機に瀕している希少な野生生物であるオランウータンを守る活動に協力しようと「オランウータンセイバーズプロジェクト」を開始しました。今年7月にロゴマークの公募を行ったところ、全国から106点の作品が集まりました。この中から1点を採用して製品化し、9月1日から発売します。

 当社はインドネシアに自社工場を有しています。日本の製造管理手法に基づき、高品質でありながら価格を抑えた製品を提供できるのはそのためです。当社は政府の認定機関により森林を持続可能にするために適正に管理された合法材を採用しておりますが、非合法な伐採が森林を減少させ、野生動物の生存を脅やかしています。

 木製品の生産に関わる当社に何かできることはないかと、2016年に地元の高校生のデザイン協力を得て、オランウータンの保護を呼びかけるスプーンを試験的に商品化しました。そしてこの活動を企業の社会的責任(CSR活動)として継続することにしました。オランウータンをあしらったロゴマークのデザインを毎年一般から公募してスプーンとフォークに付けて商品化し、収益の一部をインドネシアにて「オランウータンの森 再生プロジェクト(http://orangutans.more-trees.org/)」を行っている一般社団法人モア・トゥリーズ(東京都、代表理事=坂本龍一、http://more-trees.org/)に寄付します。

今回の応募者70人全員を保護支援隊「オランウータンセイバーズ2017」のメンバーに認定し、隊長賞に選定された坂口由紀 さん(埼玉県)の作品をロゴとしてあしらったカトラリーを商品化させて頂きました。応募された全作品のうち、入賞された作品を掲載したデザインブックに弊社の思いを込めてお送りし、森林保全の啓発活動とします。

 製品は9月1日から当社ウエブサイトおよび全国の取扱い小売店舗で販売を開始します。価格は一本あたりLサイズが580円(税別)Sサイズ420円(税抜き)で、現時点での販売個数はスプーン大・小、フォーク大・小の4種類が各500個ずつを想定しています。

 社長の平田淳は、今回の公募について「当社は今期で40期を迎えましたが、創立者である先代の生物に関わる研究から、インドネシアとご縁ができ、今の事業へと発展しました。自然素材のカトラリーや食器が育む心の情緒や豊かな生活は、それを取り巻く自然の恵みがあってこそです。ボルネオ島に住むオランウータンは、遠くない未来に姿を消してしまうと危惧されています。当社の取り組みが「森のヒト」オランウータン保護の小さな一歩となればと考えています」としています。

 当社はインドネシアに自社工場を持ち、量産体制で企画・製造・品質管理・販売を一貫して行える国内唯一(当社調べ)の木製食器専門メーカーです。海外生産ながら低価格の量産品とは一線を画すジャパンクオリティの製品を量産品に近い価格で提供し、ご支持を頂いております。

ジャンル
商品・サービス
業界
インテリア・雑貨
掲載日
2017年 08月 31日
タグ
スプーン 食器 木製 オランウータン カトラリー

月別掲載数

お知らせ