無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

世界101人の入賞作品集『「日本」って、どんな国?』が刊行決定!

日本僑報社のプレスリリース2017年 08月 23日

世界101人の入賞作品集『「日本」って、どんな国?』が刊行決定!

【日本僑報社発】日本僑報社はこのほど、初の「日本語作文コンクール」世界大会の入賞作品集『「日本」って、どんな国?』を刊行することを決定した。10月に発売予定。編著者は、国際交流研究所(東京・江東区)の大森和夫・弘子夫妻。

大森夫妻は同研究所設立以来29年にわたり、手作りの日本語教材「季刊誌『日本』」を発行し、日本国内をはじめ中国など海外の大学へ寄贈を続けてきた。

また1993年から16回にわたり実施した中国の大学生を対象にした「日本語作文コンクール」や、1999年から4回にわたり行った日中友好の「アンケート」などをまとめた編著書が日本僑報社から多数刊行されている。

2016年には、世界で日本語を勉強している外国人を対象に、初めての「日本語作文コンクール」を実施。今年4月15日の締め切りまで約4カ月間に「世界54の国・地域から5141編」という予想以上の多くの作文が送られた。小学生から58歳の社会人、盲学生からの応募もあったという。

外部審査員(有識者)による厳正な審査を経て、本書にはそのうち1等賞に輝いた「世界一正直な国」(ベトナムの社会人、ドン・フン・タオさん)など1~3等賞、努力賞、特別賞を受賞した計101人の優秀作が掲載される。

<各国での日本語熱の高まりと、「日本語の世界」の広がりを実感し、「日本再発見!」を味わった。―――世界の日本語学習者が綴った「五千編を超える日本語作文」すべてに目を通した感想だ。「日本語作文」の一編一編には、多くの国・地域で「日本語」を学んでいる若者の、一人一人の「日本への熱い想い」が込められていた>(はじめに)

世界の日本語学習者による「日本再発見!」の作品集。日本語を学ぶ世界の人にとって優れたテキストになるのみならず、日本人にとっても驚きと感動の「新鮮!日本」に出逢える1冊だ。

■『「日本」って、どんな国?』http://duan.jp/item/248.html

■大森ご夫妻の著書一覧(2017年8月現在11冊)http://duan.jp/item/oomori.html

ジャンル
商品・サービス
業界
出版・アート・カルチャー
掲載日
2017年 08月 23日
タグ
日本僑報社 作文コンクール 大森和夫 大森弘子 国際交流研究所

月別掲載数

お知らせ