無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

参加費無料!社会課題を解決するためのデザインをプロから学ぶ2時間。女子学生のためのクリエイティブスクール「SHIP」が8/4(金)開校

特定非営利活動法人ハナラボのプレスリリース2017年 08月 02日

女子学生のリーダーシップと創造力を育む、NPO法人ハナラボ(本部:東京都中央区,代表理事:角めぐみ 以下ハナラボ)は、8月4日(金)9時30分より、アークヒルズサウスタワー3FにあるHAB-YU platform(ハブ・ユー・プラットフォーム)にて、女子学生を対象に「社会課題を解決するためのデザインを学ぶ」クリエイティブスクールSHIPを開講致します。 第1回目となる今回は富士通デザイン株式会社のサービスデザイナー 森下晶代氏を講師にお迎えします。

■SHIPの目的
SHIPでは、前述した創造力の開発(デザイン思考やソーシャルデザイン)やキャリアに対する意識向上を目的に、毎回サービスデザインなどの専門家をゲスト講師として迎え、女子学生の創造力向上と新しいキャリアを考えるための活動を随時企画して参ります。

■若手女子の創造力に対する自信と管理職志向の低下
今回ハナラボがクリエイティブスクールSHIP(以下SHIP)を企画した背景には、女子学生のキャリアや能力に対する過小評価や意欲の低下という課題があります。
ー創造的と答えた生徒は約8%(グローバル平均44%)※1
アドビシステムズ株式会社の日本人の意識調査によると、12歳から18歳までの日本のZ世代は自分たちを「創造的」とは捉えておらず、自らを「創造的」と回答した生徒はわずか8%でした。この割合はグローバルの同世代(平均44%)に比べて著しく低い結果となりました。
ー入社2年目の管理職志向が1年で20%ダウン※2
また独立行政法人、国立女性会館の調査(毎日新聞引用)※2によると、入社2年目の管理職志向が1年で20%ダウンしており、女性は入社時点ですでに管理職志向が男性より低く、さらに、働き始めてわずか1年間でさらにその意欲を男性以上に失っていることがわかります。

■第1回目クリエイティブスクールSHIPについて
日時:8月4日(金)09:30~12:30(約2時間)
場所:HAB-YU(富士通デザインのワークショップスペース)
住所:東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズサウスタワー 3F
内容:「社会課題を解決するサービスのデザイン」を体験できるワークショップ
講師:富士通デザイン株式会社 サービスデザイナー 森下晶代(もりしたあきよ)氏
参加人数:30名(同イベントは満席)
受講料:無料
参加条件:女子学生
URL: http://hanajob.jp/2017/07/12/ship01/
※次回のスクールは約2ヶ月後を予定しております。

■ハナラボについて
団体名:特定非営利活動法人ハナラボ
設立:2012年4月5日
代表理事:角めぐみ(すみめぐみ)
未来の社会変革の担い手を輩出することを目指し、女子学生の創造力やリーダーシップを育むNPO法人です。 企業や自治体からテーマを募り、オープンイノベーションの場を提供したり、社会課題解決プロジェクトを実施したりしています。
2008年に母体となる「あたらしい、わたしらしい働きかたと出会う、女子学生のためのWebマガジン ハナジョブ」を立ち上げ、2011年からは自治体や企業と恊働して「女子大生が社会課題の解決に挑むプロジェクト」をスタート。2012年にNPOとして法人化しました。

■ハナラボ関連サイト
・ハナラボ公式HP
http://hanalabs.net/
・ハナジョブ—ハナラボが運営する女子学生のためのWebマガジン
http://hanajob.jp/

■参考URL
※1:「<女性社員>なぜ「入社2年目」で管理職志向を失うのか」(独立行政法人「国立女性教育会館」調査:毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20170716/mog/00m/040/001000c
※2:「Z世代の生徒と教師はクリエイティビティが成功の鍵と考えている」(アドビ調査:プレスリリース)
http://www.adobe.com/jp/news-room/news/201610/20161028-adobe-gen-z.html

■本件に関するお問い合わせ
NPO法人ハナラボ PR事務局
press@hanalabs.net
角、大島、関根
TEL:050-5241-7337

ジャンル
イベント
業界
教育・資格・人材
掲載日
2017年 08月 02日
タグ
NPO クリエイティブ デザイン思考 ソーシャルデザイン 女子学生

月別掲載数

お知らせ