無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

新刊のご案内: 新渡戸稲造著『不動の自分になるための習慣』7月26日(水)発刊

幸福の科学出版(株)のプレスリリース2017年 07月 25日

「新・教養の大陸シリーズ」第8弾『不動の自分になるための習慣』―逆境をはね返し、順境に乗じる―(新渡戸稲造著/幸福の科学出版刊)が2017年7月26日(水)より全国主要書店、Amazon、自社サイトほかで発売されます。 

https://www.irhpress.co.jp/

■百年前の日本で148版も重ねた大ベストセラー『修養』(※後半部分)が、分かりやすい現代語訳で復活!
修養とは、現代的に言えば、「人間学」「人間としての生き方」のことです。
これは、人生を生きていく上で大切な指針となるにもかかわらず、学校でも会社でも、なかなか教えてもらえないのではないでしょうか。
本書では、一流の教養人・国際人であった新渡戸稲造の人生論が具体的に語られています。「逆境の乗り切り方」「動機を正すことの大切さ」「休日の過ごし方」など、自分を磨き、人生を輝かせるための知恵が満載です。

※『修養』の前半部分は、「新・教養の大陸シリーズ」第6弾『自分に克つための習慣』(2016年11月発刊)に収録。

第1章 逆境をプラスに転じる方法
    首を伸ばして先を見る/寛容な心、耐える力を養う
第2章 順境に乗じる秘訣
    どんな人にも幸運の時代がある/水面下の努力
第3章 どんな道を歩むべきか
    人生の理想を職業以上のところに置く
第4章 黙思のすすめ
    心が落ち着き、仕事の能率が上がる/動機を点検せよ
第5章 休養の活用
    休養とは、精神に変化を与えること
第6章 計画を立てよう
    計画を立てることのメリット/一年計画の立て方

並製224 ページ 1,296 円(税込) 
幸福の科学出版刊 ISBN978-4-86395-926-2
2017/7/26発刊

新渡戸稲造(にとべ・いなぞう) 1862~1933年。教育者、農政学者。現在の岩手県盛岡市に生まれる。札幌農学校在学中にキリスト者となる。卒業後、アメリカとドイツに留学。帰国後、札幌農学校教授、京都帝国大学教授、第一高等学校校長、東京帝国大学教授、東京女子大学学長等を歴任。一貫して人格教育を重視した教育に情熱を注いだ。晩年は国際連盟事務次長、太平洋問題調査会理事長を務め、国際平和に尽力。
主な著作は『武士道』『東西相触れて』など。

ジャンル
キャンペーン
業界
出版・アート・カルチャー
掲載日
2017年 07月 25日
タグ
amazon 不動の自分になるための習慣 新・教養の大陸シリーズ 新渡戸稲造著 修養

月別掲載数

お知らせ