無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

フィリピンの新五つ星リゾート運営に着手

デュシットインターナショナルのプレスリリース2017年 07月 19日

タイを拠点とする世界的ホスピタリティカンパニー デュシット インターナショナルは、この度フィリピン屈指の不動産開発企業 ロビンソンズ ランド コーポレーション(Robinsons Land Corporation、「RLC」)とホテル・マネージメント契約を締結し、フィリピン セブ州マクタン島の北半島に位置する五つ星リゾート、デュシタニ マクタン セブの運営に当たることを発表しました。 同リゾートは2018年度の第4四半期にオープンする予定です。
素晴らしいビーチフロントのロケーションを誇る新リゾートは、RLC社のリゾートコンドミニアム「アミサプライベートレジデンス」に隣接する三つの建物から構成されています。設備の行き届いたゲストルーム271室に加え、ラグジュアリースパ、フィットネスセンター、ロビーラウンジ、オープンエアのスペースやプライベートダイニングを設えた三つのレストラン、インフィニティプール、そして1,200平米超の会議・宴会エリア等が完備されており、ビジネスとレジャーそれぞれのニーズに対応。サービス面では、タイのやさしさの文化から生まれたデュシット独自の細やかなおもてなしでゲストに快適な滞在をお約束します。
フィリピン ビサヤ諸島の 中心、セブ島から数キロの位置にあるマクタン島は、ハイエンド向けの観光業で知られています。サンゴ礁に囲まれた島では、最高のダイビングとスノーケリングを楽しむことが可能であり、又アクティブなセイリングコミュニティーやビサヤ諸島唯一の水族館が魅力です。
マクタン島へのアクセスは現在拡張工事が進むマクタン・セブ国際空港 (MCIA)が担います。リニューアル後には年間12.5百万人の旅行客を受け入れる体制が整う同空港では、2017年度も約10百万人(前年比12%増)の来島を予定しています。デュシタニ マクタン セブは、空港から車で約30分のロケーションに位置します。

同リゾートは、デュシタニ マニラ及び開業が待たれるデュシタニ レジデンス ダバオに次ぐ、フィリピンでのデュシタニ ブランド三つ目のプロパティになります。更に来年にはホテルと学校が完全に融合された先駆的施設、デュシット・ホスピタリティ・マネジメント・カレッジがマニラでのオープニングを控えており、デュシットプリンセス セブシティ、デュシットD2ダバオ、デュシットD2リゾート サンフアン等の開発計画も進行中です。
「デュシットインターナショナルの持続的な収益成長を実現する為には、フィリピンのような主要マーケットにおいてホテル所有者とのパートナーシップを構築することが不可欠です。」とデュシット インターナショナルのグループCEO スパジー・スタンパン氏 (Ms. Suphajee Suthumpun) はコメントしています。「ハイグレードな開発事業において群を抜いた高い評価を得ているロビンソンズ ランド コーポレーションに、リゾートのマネージメントを託されたことを大変嬉しく思います。デュシタニブランドのもと、同リゾートが大きな成功を収めることを期待しています。」
「マクタン島は、観光の目的地として更なる飛躍が期待できる場所です。その成長を加速させるには、デュシットインターナショナルの様な世界規模の五つ星ホテルオペレーターと手を組み、我々の高級リゾートのマネージメントを委ねること以上の得策はないでしょう。」とRLC社社長のフレデリック・ゴー氏(Mr. Frederick D. Go, President of RLC)は述べました。
デュシットインターナショナルは、世界各地の主要ロケーションで29のプロパティを運営しており、また三年以内の開業を目指す51のプロジェクトを現在計画中です。そのポートフォリオには、デュシタニに加え、デュシットデバラナ、デュシットD2、デュシットプリンセスのブランドが含まれます。

ジャンル
その他
業界
ホテル・レジャー
掲載日
2017年 07月 19日
タグ
デュシットインターナショナル デュシタニ

月別掲載数

お知らせ