無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

47都道府県の木材資源とコラボする「木の紙 -47プロジェクト」が、 7/5(水)~7(金)東京ビッグサイトで開催のISOTに出展

株式会社クレコ・ラボのプレスリリース2017年 06月 28日

株式会社クレコ・ラボ(所在地:東京都港区、代表:興津世禄)は、47都道府県の木材資源とコラボする、「木の紙 -47プロジェクト」と、廃材を木の紙として残す「木の紙 -Rプロジェクト」をスタートする。商品は、7月5日(水)〜7日(金)に東京ビックサイトで開催される「第28回 国際 文具・紙製品展」で初披露予定。

_____________________
〜ぬくもり感じる、日本の木材を活用した、記憶に残るエコロジカルな素材「木の紙」〜

木の紙は、職人が木材を厚さ0.1mm以下の極薄シートにし、裏地に紙などを貼り合わせて丁寧につくられた素材。天然の木の一つ一つ違う木目や手触り、ほのかな香りが魅力の木の紙は、紙のように折ったり切ったり、レーザープリンターやインクジェットプリンターでの印刷も出来るのが特徴。素材には、ひのき、さくら、すぎなどを中心とした木材を採用。木を扱う楽しみと、ものづくりのワクワクが楽しめる商材として、これまでワー クショップ向け商品などでも活用されている。

「木の紙 -47プロジェクト」では、47都道府県産の木材を活用することで、産地ならではのオリジナル性を持たせることが狙いだ。同じ種類の木材でも、育った地域によって風合いは変わる。生まれ育った土地の木の香りや、思い出の ある地域の木材を活用した思い出に残る製品を作ってみては?産地のギフト商品として、折り紙や、ポストカードはもちろん、モビールや室内を彩るインテリアなど、あらゆるシーン活用できるはず。

家屋の材や廃材、リフォーム前の木材を活用し、木の紙をつくるプロジェクト「木の紙 -Rプロジェクト」も同時にスタート。

地域の47都道府県の木材を利用した木の紙をつくる「木の紙 -47プロジェクト」。地域の木材やオリジナルの形・デザインで、様々なアイテムが展開可能。商品は、東京ビックサイトで開催される「第28回 国際文具・紙製品展」で初披露予定。

http://www.creco-lab.co.jp
_____________________
【出展情報】
「第28回 国際 文具・紙製品展」 通称: ISOT(イソット)
■ 会期: 7月5日(水)〜7日(金)
■ 時間: 10:00~18:00(最終日は17:00まで)
■ 会場: 東京ビッグサイト(〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1)
■ ブース: 東4 ホール ギフトステーショナリーゾーン ブース番号:E2-11
■ 主催: リード エグジビション ジャパン 株式会社 特別後援: (一社)全日本文具協会
_____________________

企業情報:
株式会社クレコ・ラボ
住所: 〒105-0014 東京都港区芝 2-5-10-1102
TEL:03-6453-6916 Fax:03-6893-5024
http://www.creco-lab.co.jp

——————————————————
本プレスリリースに関するお問い合わせ:
株式会社Casokdo(カソクド)
担当:篠原 礼子
住 所 : 〒141-0033 東京都品川区西品川1丁目6番4号
T E L : 03-5436-7636 
F A X : 03-5436-7637
E – mail: shinohara@a-ms2.com

ジャンル
商品・サービス
業界
インテリア・雑貨
掲載日
2017年 06月 28日
タグ
47都道府県 木の紙 エコロジカル 天然木材 ISOT(イソット)

月別掲載数

お知らせ