無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

シーネット、新たに本社内で海外営業支援室を始動

株式会社シーネットのプレスリリース2017年 04月 21日

タイ・北京・上海の3拠点との連携により現地導入に直結したソリューションを提供
海外展開を加速する企業のグローバル物流の【見える化】をサポート

 ci.Himalayas(シーアイ・ヒマラヤ)のブランドでクラウド型倉庫管理システム(以下WMS)の提供を行う株式会社シーネット(以下シーネット、本社:千葉県船橋市、代表取締役CEO:小野崎伸彦)は、今般、日本企業の皆様からの海外拠点における倉庫管理のシステム化のご照会が急増したため、本社営業本部内に海外営業支援室を新設し、日本国内での需要に対応する体制を始動いたしました。

シーネットでは早期より日本国内で400センター以上の導入実績を誇るci.Himalayas/WMSを多言語化し、アジア域内の流通業・倉庫業を中心に【ジャパン・クオリティ】での倉庫管理ソリューションをご提供して参りました。現在では、タイ・バンコク、中国・北京・上海の3拠点に現地法人を配し、顧客ごとのカスタマイズやサポートを通じて現地での操業の効率化と作業品質の向上を支えています。

【ci.Himalayas/GLOBALの歩み】
2010年 ci.Himalayas/WMSの多言語版ci.Himalayas/GLOBALをリリース
2013年 中国・北京市にシーネット北京【希耐特(北京)信息系統有限公司】を設立
2015年 タイ・バンコクにC NET (Thailand) Co., Ltd.を設立
2016年 中国・上海にシーネット上海【越庫(上海)信息科技有限公司】を設立
2017年 本社営業本部内に海外営業支援室を設置

2017年に入り、国内企業からの海外拠点における物流オペレーションについての照会が急増したことから、今般本社内に海外営業支援室を設置、始動いたしました。これにより、海外展開を加速される日本企業の皆様にも、日本の本社でのシステム要件と現地での現実的なオペレーションの両面から豊富なノウハウを提供し、クラウドの強みを生かしてグローバル物流の【見える化】をサポートして参ります。

ci.Himalaya/GLOBALの詳細: http://www.cross-docking.com/service/global/

ジャンル
経営情報
業界
IT・通信[エンタープライズ]
掲載日
2017年 04月 21日
タグ
中国 在庫管理 倉庫管理 多言語化 ASEAN

月別掲載数

お知らせ