無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

【ニュースリリース】SSD球磨杉サーモサイディング(国産無垢外装材)が、モイスTM耐力面材の併用にて外壁(耐力壁)準耐火45分大臣認定を取得。株式会社紅中が認定関連部材のパッケージ商品化で販売開始。

国産材品質表示推進協議会 SSDプロジェクトのプレスリリース2017年 04月 21日

大阪市に本社をおく建材商社:株式会社紅中が幹事を務め、熊本県上球磨地域の林業・木材産業関係者に自治体が加わって組織する国産材品質表示推進協議会:SSDプロジェクトでは、これまで、球磨杉無垢材に越井木材工業株式会社が有するスーパーサーモ処理(水蒸気式高温熱処理技術)を施して、ノンケミカルで高耐久性能と寸法安定性を備えたSSD球磨杉サーモサイディングの供給を行ってきました。
この度、このSSD球磨杉サーモサイディングと併用して、外壁構造用面材にアイカ工業株式会社のモイスTM耐力面材が持つ防耐火性能を活かして採用することで、準耐火45分の大臣認定を取得しました。(認定番号QF045BE-1462)
仕様概要として、木造在来軸組工法の構造用外壁面材にモイスTM(壁倍率最大3.8倍)を採用し、通気層を設けてサーモサイディングを縦張りします。断熱材には密度20Kg/㎥以上のグラスウール•ロックウール採用が必須です。延べ床1000㎡程度の木造施設にこの無垢外装材を施工した場合、告示仕様(木毛板+モルタル下地)と比較して工期50%、コスト30%以上の軽減が可能となります(当方試算)。
株式会社紅中は当該認定の関連部材をパッケージにて商品化し販売を開始します。この事業が、防火規制のかかる市街地において球磨杉無垢材の美しさ優しさを提供するとともに、国産木材の採用機会を拡大して木材自給率向上に寄与し、さらには、震災復興途上且つ有数な木材産地熊本県の活性化に貢献出来ることを願います。

ジャンル
商品・サービス
業界
建設・住宅・空間デザイン
掲載日
2017年 04月 21日
タグ
木造 国産木材 サイディング 外装材 モイス

月別掲載数

お知らせ