無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

革命刻んだ記者の軌跡たどる『新中国を拓いた記者たち 下巻』、いよいよ刊行!

日本僑報社のプレスリリース2017年 04月 20日

革命刻んだ記者の軌跡たどる『新中国を拓いた記者たち 下巻』、いよいよ刊行!

【日本僑報社発】日本僑報社はこのほど、中国革命を刻んだ記者の軌跡をたどる『新中国を拓いた記者たち』の下巻を刊行した。

編者は、中国国家新聞出版広電総局新聞出版総署署長で国家版権局局長の柳斌傑(りゅう・ひんけつ)氏と、中国作家協会会員で全国政治協商会議委員の李東東(り・とうとう)氏。

柳氏と李氏は、邦訳に『新中国を拓いた記者たち 上巻』『中国名記者列伝』シリーズ(ともに日本僑報社)などがある。翻訳は、訳書に『新中国を拓いた記者たち 上巻』(日本僑報社)がある日中翻訳学院の河村知子(かわむら・ともこ)さんが担当した。

本書は、「新中国」といわれる中華人民共和国の建国前からそれ以降に、報道事業を通して中国の発展のために寄与した、名だたるジャーナリストたちを紹介。

毛沢東の秘書を務めたのち、新中国建国後は新華社社長、人民日報社長などを歴任して「報道界の大番頭」と称された胡喬木、新中国の対外宣伝の大家といわれ、その一生を中国の新聞事業に捧げたイスラエル・エプスタインら27人の記者やカメラマン、放送人の生涯やその業績を記録している。中国の報道事業史における重要な一冊。

激動の現代中国をつぶさに見つめた記者たちの軌跡から知る、もう一つの新中国史だ。

ジャンル
商品・サービス
業界
出版・アート・カルチャー
掲載日
2017年 04月 20日
タグ
日本僑報社 新中国を拓いた記者たち

月別掲載数

お知らせ