無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

音声認識種まきシステムci.Himalayas/VASをクラウド対応のパッケージ化

株式会社シーネットのプレスリリース2017年 04月 19日

 ci.Himalayas(シーアイ・ヒマラヤ)のブランドでクラウド型倉庫管理システム(以下WMS)の提供を行う株式会社シーネット(以下シーネット、本社:千葉県船橋市、代表取締役CEO:小野崎伸彦)は、グループ会社である株式会社シーネット コネクト サービス(以下CCS、本社:千葉県船橋市、代表取締役社長:高坂昌信)を通じ、5月1日より音声認識技術を応用したクラウド型種まき仕分けシステムci.Himalayas/VAS(シーアイ・ヒマラヤ・バス)のパッケージ販売を開始いたします。

ci.Himalayas/VASは、物流現場における【種まき仕分け】の作業省力化に特化した、音声認識パッケージシステムです。同システムでは音声認識技術との連携により、各作業ステップでの入出力作業軽減や作業レイアウト変更の柔軟性など現場の効率化を具体的に改善。特にマルチ仕分けなどの実用的な機能を標準装備し、現場への最速導入を実現するソリューションです。

【ci.Himalayas/VASの特長】
1)音声認識システムとしては初のクラウド型サービスを実現、初期投資を最小化した導入が可能
2)基本的な作業項目をパッケージ化することにより、最短期間で現場でのシステム稼働が可能
3)作業当日の物量・まき方・アイテム・人数など様々な条件に合わせて柔軟に作業フローの設定が可能
4)種まき仕分けに関わる5種類の基本会話フローと柔軟なシナリオ設定機能で実践的な業務対応が可能
5)大型仕分けマテハン機器のような固定設備が不要なため、作業位置やレイアウトを柔軟に変更可能
6)リスト作業のような出力や作業を行いながらの消し込みが不要のため、作業者の工数を大幅に削減
7)音声による作業指示と作業時のデータ照合により誤作業を即時に検出し、出荷ミスを防止
8)軽量マイク・iOS端末・グローブまたはリング型スキャナの装着により、ハンズフリーでの作業を実現
9)作業確定時に全ての情報がクラウド上で更新されるため、リアルタイムな情報共有と一元管理が可能

ci.Himalayas/VASは、ci.Himalayas/WMSとの連携での稼働はもちろん、単独パッケージとして各ユーザーの基幹システムやWMSとの連携も可能です。CCSでは、パッケージの販売とともにペンダント型音声入出力デバイスやリング型バーコードリーダー兼OCRスキャナ、携帯用データ端末など各種先端製品を組み合わせ、より低コストで生産性の高い物流作業環境づくりに最適なソリューションをご提案いたします。

ci.Himalayas/VASの詳細: http://www.cross-docking.com/service/voice-standard-scene0/

以上

ジャンル
商品・サービス
業界
流通
掲載日
2017年 04月 19日
タグ
クラウド パッケージ 音声認識 仕分け 種まき

月別掲載数

お知らせ