無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

世界最大の産業見本市 ハノーバーメッセ2017 “産業の未来”を代表するフランス企業70社が勢ぞろい

フランス大使館のプレスリリース2017年 04月 05日

4月24日から開催される世界最大の産業見本市、ハノーバーメッセに今年もフランス企業が多数参加します。

フランス政府が産業政策として推進している“産業の未来(Industry of the Futur)”プロジェクトの一環として、ビジネスフランスと産業の未来アライアンス(AIF)が350m2におよぶCREATIVE INDUSTRYスペースを主催、70社余りが参加します。

CREATIVE INDUSTRYスペースでは、デジタルソリューションを先頭に、製鉄、機械、ロボットといった工業分野、そしてエネルギー部門では燃料電池まで、大手企業から中小企業までのさまざまな企業が参加し、以下の7分野のテクノロジーを軸に、フランス産業の革新性をアピールします。
- バリューチェーンのデジタル化  - 人間の役割  - 新素材  - 付加製造
- 監視&制御  - エネルギー効率及び環境フットプリント - 自動化&ロボット

ビジネスフランスは、その国際ネットワークを生かし、フランスとドイツ、米国、中国の4か国の産業の未来戦略を紹介する4日間のイベントを展開します。これは、フランスの出展企業と関連各国の大手発注者や中小企業との交流促進を目的としています。特にハノーバー2016で公式に発表した“産業の未来”における協力関係を継承するものとして、SAP France、Bosch Franceと共同でフランス・ドイツ・デーを開催します。デジタル標準化、ユースケース、研究開発におけるプラットフォームやシナリオをテーマとしてとりあげます。

地域圏からの団体出展

グラン・テスト地域圏から、地元中小企業11社が、ホール8 – F 09デジタルファクトリーに出展します。
これら企業は、同地域圏の“未来の工場”(www.grandest.fr)というプログラムの一環で参加します。このプログラムは、より高いインテリジェント性能、柔軟性、接続性、環境への配慮をもつ生産施設をめざして改革を進める企業を支援するものです。

オー=ド=フランス地域圏(www.hautsdefrance.fr)からは総勢15の企業と経済団体が、そのノウハウを紹介します。リールを中心とした北フランスに位置するオー=ド=フランス地域圏は、“産業の未来”分野で、地域をあげて企業活動を支援し、インフラやツールの整備を積極的に行っています。

リヨンを中心としたフランス・トップの産業圏、オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏(www.auvergnerhonealpes.fr)からは8企業が出展します。“産業の未来”の高い目標を具体的に実現し、同地域圏の魅力を高めることをめざしています。同地域圏にある“産業の未来”に関連する競争力拠点(Axelera, Minalogic, Mont-Blanc Industries, Plastipolis, Tenerrdis et ViaMéca)も参加します。

大手グループではオレンジビジネスサービスが参加します。デジタル改革を推進する主要企業がパートナーとして信頼を寄せる同社は、“産業の未来”の代表的な事業者のひとつです。

他にも、AIFが「技術ショーケース(Vitrine technologique)」として、つい先日認定したばかりのSAV RESOとOptim Dataといった中小企業や、AMA(スマート眼鏡)、Diota(拡張現実ソリューション)、Monixo(予測保全)、Cetimなど、様々な規模のフランス企業、総勢70社余りがあらゆるバリューチェーン段階における革新的なソリューションの提案力を披露します。

ホール8デジタル産業部門のCREATIVE INDUSTRYスペース以外にも、製鉄、精錬、板金加工、機械加工のホール4、モーションドライブ、自動化部門のホール20と25、水素燃料電池のホール27のフランス・パビリオンにフランス企業数十社が出展します。特に水素分野では、エネルギー転換を促進する水素ソリューション開発の加速をめざす多彩な出展者(企業、研究所、団体、競争力拠点)が参加しています。

ハノーバー・メッセ2017で、ビジネスフランスとフランス企業がお待ちしております。

ジャンル
イベント
業界
素材・化学・エネルギー・運輸
掲載日
2017年 04月 05日
タグ
フランス ハノーバーメッセ 産業の未来

月別掲載数

お知らせ