無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

発達障害者を犯罪者にしない、被害者にしないための取組みのお知らせ ~触法行為等で生きづらさがある発達障がい者等の支援を考える会の開催について~

特定非営利活動法人D-SUPPORT INNOVATIONのプレスリリース2017年 03月 14日

昨今、発達障害者による殺人事件等に関する報道がテレビ、新聞等でよく見かけるようになり、社会問題となっているところです。

しかし、発達障害が犯罪因子であるわけではなく、何らかの原因で「行為障害」等を代表とする二次障害となることで犯罪者へと進んでいくケースが多く、さらに再犯率も非常に高いのも特徴です。

そこで、特定非営利活動法人D-SUPPORT INNOVATION(大阪府箕面市、代表北村耕太郎)では発達障害をもつ人が触法行為により逮捕されたり、犯罪被害に遭った場合、初動段階から刑事司法の手続に福祉が介入し、専門家等と組織的に更生支援、被害者支援に関する事業を展開していく準備をしています。

その支援構想を念頭におき、まずは元大阪府警等の刑事であった弊社代表及び更生支援の専門家において発達障害者に対する更生支援、被害者支援をしていくべきかを考える研究会、勉強会を開催することになったことをお知らせ致します。

【第1回研究会の主な議題】
『触法行為等で生きづらさがある発達障がい者への支援の現状と課題、当該支援を行うことを前提とした弊社事業プランのご紹介』

日時 平成29年3月16日木曜日
18:30~20:30
場所 大阪府箕面市坊島4丁目5番20号
みのおキューズモール1-2F「みのお市民活動センター」

参加費 無料

【主な参加者】
特定非営利活動法人D-SUPPORT INNOVATION
代表理事 北村耕太郎
経歴紹介:弊社代表、広島県警察、大阪府警察で刑事警察、留置管理業務等に従事。
殺人事件、放火事件等の凶悪犯罪捜査を担当し、触法障害者、二次障害による行為障害等による事件も複数経験する。自身の長男が障害児でもある。

刑事司法ソーシャルワークの実務家兼研究者
権利擁護、司法ソーシャルワーク研究所
代表 原田 和明
経歴紹介:社会福祉法人大阪手をつなぐ育成会 支援センターい~な相談支援室室長
中部学院大学等複数の大学で講師を経験、更生支援計画書を開発、普及させた第一人者として著名。
現在も多くの更生支援の実務に従事されつつ、各学会での研究活動も行う。

弊社ホームページ

http://d-support-i.org

————————————————————

この件に関するごお問合わせは下記まで

NPO法人D-SUPPORT INNOVATION

代表理事 北村 耕太郎 / KOTARO KITAMURA

562-0013 大阪府箕面市坊島4-5-20

みのおキューズモールWEST1-2Fみのお市民活動センター内

Email: kotaro.kitamura@d-support-i.org

URL: http://d-support-i.org

以上

ジャンル
イベント
業界
教育・資格・人材
掲載日
2017年 03月 14日
タグ
発達障害 自閉症 刑事 少年犯罪 大阪府警

月別掲載数

お知らせ