無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

京都暮らしと人のつながりを紡ぐ「春待ちフェスタ」開催

A-conのプレスリリース2017年 03月 12日

このたび、高野川沿いの古いアパ ート「リバーサイドハイツ」を会場に、3月18日(土)・19日(日)・20日(祝・月)の3日間、「春待ちフェスタ〜カフェと京都暮らしとほんの少しのたのしいこと、かわいいモノたち〜」を開催します。http://riversidecafe.jp/cafe/event/harumachi/

このイベントは、築約 40 年の古いアパート「リバーサイドハイツ」の 1 室を全面リノベー トして誕生した、コミュニティカフェ「リバーサイドカフェ」の開店1周年を記念して行います。「リバーサイドカフェ」は、株式会社 A-CON(所在地:京都市上京区烏丸通今出川下ル観三橘 町562 熙春堂ビル3F/代表取締役:谷原秀紀)が時代背景を鑑み、「Not scrap&build, but stock&shere (ノット・スクラップ&ビルド・バット・ストック&シェア)」 の発想のもと、ヴィンテージビルのあたらしい解釈として、アパート = 暮らす「だけじゃない」、住むことが誇りとなり、訪れる人たちと豊かな時間を紡ぐための「場」として、美味しくて楽しいコミュニティスペースを設けたもの。1週間を21人の店長が週替わり&朝昼晩交代でバトンタッチしながら運営する仕組みが注目を集めています。

今回は、カフェだけでなく空き部屋も開放して、アパート全体を会場に見立て、ライブ、トーク、市民上映会、クリエイターマーケット、一箱古本市を開催します。ライブのゲストは、天真爛漫なアコースティックユニット「たゆたう」( http://tayutau.info/tayusite/ ) 、メロディアスなクールダブを聞かせる「Ras Takashi&Raita」、京都に暮らすシンガーソングライター「ogurusu norihide」( http://www.ogurusunorihide.net ) 。トークは、昨年「つながるカフェ」(学芸出版社)を上梓した山納洋と美術家・小山田徹による初の対談。洛中高岡屋のざぶとんでゴロゴロしながら見る映画は「happy〜しあわせを探すあなたへ〜」「料理人ガストン・アクリオ〜美食を超えた美味しい革命」「0円キッチン」を上映予定。ライブ、トーク、映画は予約を受け付けています。

空き部屋を使ってこの3日間だけ市民が出店する「春待ちマーケット」「一箱古本市」の顔ぶれもカラフル。企画・運営は、NPO法人京都カラスマ大学( http://karasuma.univnet.jp )。企業、NPO、お客さんが三位一体となって暮らしとコミュニティを考える、楽しくて豊かな3日間です。

イベント名:春待ちフェスタ~カフェと京都暮らしとほんの少しのたのしいこと、かわいいモノたち~
開催日時:2017年3月18日(土)19日(日)20日(祝・月)10時半〜21時
会場:リバーサイドハイツ(京都市左京区高野蓼原町 25 )
E-mail(出店/予約受付):harumachi.festa@gmail.com
webサイト:http://riversidecafe.jp/cafe/event/harumachi/
facebook:http://www.facebook.com/riversidecafe.KYOTO
Instagram/Twitter:@river_side_cafe
主催:リバーサイドカフェ、A-con
共催・企画運営:京都カラスマ大学
協力:下村音響、cinemo 、洛中高岡屋
問い合わせ:リバーサイドカフェ管理人・もちき

ジャンル
イベント
業界
建設・住宅・空間デザイン
掲載日
2017年 03月 12日
タグ
京都 リノベーション 暮らし コミュニティカフェ 恊働

月別掲載数