無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

障害児をもつ元大阪府警刑事がNPO法人設立! ~「発達障害の子供たちを二次障害にさせない社会へ」をテーマに2月22日設立~

特定非営利活動法人D-SUPPORT INNOVATIONのプレスリリース2017年 03月 11日

【ニュースリリース】

障害児をもつ元大阪府警刑事がNPO法人設立!
~「発達障害の子供たちを二次障害にさせない社会へ」をテーマに2月22日設立~

特定非営利活動法人D-SUPPORT INNOVATION(大阪府箕面市、代表北村耕太郎)は、平成29年2月22日にNPO法人として設立したことをお知らせ致します。

弊社は発達障害をもつ子供たちが家庭内暴力、不適切な母子養育、学校でのイジメ、配慮なき環境での学習の強要、就労後のイジメ、コミュニケーション力の不足によるトラブル等により二次障害(うつ病、行為障害、反抗挑戦性障害、愛着障害)を発症し、それにより佐世保事件等を代表する殺人事件等の凶悪犯罪を犯したり、自暴自棄となり自殺してしまうこと、その「二次障害」がほとんど注目もされず予防策等が講じられていないことに懸念し、そこにフォーカスしたNPO活動を展開することを主な目的として設立を致しました。
代表者自身の長男も原因不明の肢体不自由(現在は発達遅滞)をもつ障害児であり、約2年間の児童発達支援施設の付き添い経験等を経て、現職時代から携わっていた殺人事件等の捜査、取り調べ経験から「二次障害」を防ぐことが発達障害(発達遅滞、知的障害、自閉症等を含む)の子供たちを犯罪者にしない、犯罪被害に遭わない、自律していける大人となることに繋がるものと考え、現在のテーマに辿りつきました。

なお、事業の詳細は下記ホームページ記載のとおり、母子養育の観点から発達障害児の親の会(任意団体だった平成28年7月から継続開催中)、学習支援、障害児者の指導者、教育者、企業幹部向けのコミュニケーショントレーニング、そして万が一、二次障害等に陥り加害者、被害者となった場合に刑事司法手続きにスムーズに障害者福祉の専門家が介入し、更生支援等を行うための事業をそれぞれ準備しつつ、随時開始して参ります。

【直近の予定】
触法行為等により生きづらさがある発達障害者の支援を考える会
平成29年3月16日木曜日 18:30~20:30
弊社事務所の併設会議室(大阪府箕面市坊島4-5-20)

内容
触法障害者の支援の現状と課題、当該支援を行うことを前提とした閉鎖事業プランのご紹介

主な参加者
弊社代表 北村耕太郎
経歴:広島県警、大阪府警を通算10年6カ月勤務し、主に殺人事件、誘拐事件捜査等に従事し、多数の難事件の捜査、取調べにも従事し、解決に導く。長男出生後に障害の告知を受けた後、退官して療育園に父子通園を約2年経験する等して弊社を設立。昨年は看護師不在の支援学校に医療ケア児童が入学したことで保護者が過剰な負担を強いられていることに問題視し、上西小百合衆議院議員を始め、市議、府議等を巻き込み保護者の負担軽減のための緊急措置を大阪府教育委員会に採ってもらうなど障害児をもつ保護者の過度な負担に対する政策提言等を行う。

刑事司法ソーシャルワークの実務家、研究者
原田和明先生
経歴:多数の大学等で講師を行い、刑事司法への早期の福祉介入の必要性を提唱。全国で初めて更生支援計画書を開発、作成したことでも著名、現在も多くの更生支援、学会研究等に従事されている。

弊社ホームページ
http://d-support-i.org

——————————————————————–
この件に関するごお問合わせは下記まで

NPO法人D-SUPPORT INNOVATION
 代表理事 北村 耕太郎 / KOTARO KITAMURA
 562-0013 大阪府箕面市坊島4-5-20
 みのおキューズモールWEST1-2Fみのお市民活動センター内
 TEL: 090-7883-4304
 Email: kotaro.kitamura@d-support-i.org
 URL: http://d-support-i.org

以上

ジャンル
経営情報
業界
教育・資格・人材
掲載日
2017年 03月 11日
タグ

月別掲載数