無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

老犬ホーム利用状況調査(2017年1月)発表

リブモ株式会社のプレスリリース2017年 03月 09日

リブモ株式会社(東京都大田区 代表取締役 森野 竜馬)が運営する、老犬介護のための情報提供サイト「老犬ケア」(https://www.rouken-care.jp/)は、2017年1月末時点の全国の老犬ホーム利用状況の調査を実施しました。

老犬ホーム利用状況調査(2017年1月)
https://www.rouken-care.jp/research/tenants201701/

◎2017年1月末時点の老犬ホーム入居頭数は468頭
全国の老犬ホームの有料入居頭数は468頭であったことが判明した。

■調査開始の背景
当社では「老犬ケア」を通じて、愛犬の長期お預かり施設(老犬ホーム)の情報提供を行ってまいりました。
近年、老犬ホームに対する認知度の向上から、マスメディアに取り上げられる機会も増え、当社にも市場概況に関するお問い合わせが増加しております。
当社では、そのようなご要望にお応えすべく、老犬ホームの利用状況について、月例で報告しています。

■過去およびその他の調査
当社では利用状況の調査を月次で行うとともに、利用料金等その他の調査も実施しています。
過去の利用料金調査、およびその他の調査結果は、老犬ケア調査発表資料(https://www.rouken-care.jp/research/)をご覧ください。

■調査ご協力施設の募集に関して
当社では、老犬ホーム利用状況調査にご協力いただける老犬ホームを募集しております。
調査にご協力いただける老犬・老猫ホーム様は、下記事務局まで電話、またはメールにてお申し出ください。

老犬ホーム利用状況調査事務局
リブモ株式会社
東京都大田区山王2-36-10 山王ビル2F
03-6429-7618
info@livmo.co.jp

■調査資料のご利用に関して
調査資料をご利用いただく場合、出典「老犬ケア」と必ず明記してください。
その他、ご利用に関してご不明な点がありましたら、遠慮なくお問い合わせください。

■「老犬ケア」サービス概要
老犬ケアは電話・インターネットで以下のご相談を無料で受け付けるサービスです。
1. 老犬ホーム(老犬介護施設)のご紹介
2. 愛犬介護のためのノウハウ情報提供
3. 愛犬介護のための介護用品情報提供

■「老犬ケア」の特長
1.全国の老犬ホームと提携
提携老犬ホーム数は国内No.1。
全国の老犬ホームと提携しているので、様々な老犬ホームを比較検討することが可能です。
2.掲載しているすべての老犬ホームを弊社スタッフが直接取材
弊社スタッフが現地を取材しているので、「老犬ケア」にお問い合わせいただければ、写真や文字だけでは分からない部分も知ることができます。
3.老犬ホーム入居に関する相談だけでなく、愛犬の介護方法など、広範囲の相談が可能
本来、愛犬は飼い主と終生ともに暮らすことが一番の幸せだと考えています。
「老犬ケア」では老犬ホーム入居相談だけでなく、飼い主自身が愛犬の介護をするためのサポートもいたします。
4.インターネットだけでなく電話でも相談可能
ご相談はインターネット経由はもちろん、お電話でも受け付けております。
「インターネットは苦手」というご高齢の方も簡単にご利用いただけます。
「老犬ケア」では、飼い主の愛犬介護をサポートするため、介護ノウハウ、介護用品の情報を提供しています。
同時に、介護による心身の疲労、近隣とのトラブル等のため、どうしても愛犬の飼育を継続することが困難になった飼い主に対して、全国の提携老犬ホームをご紹介するサービスを提供しています。
また、老犬・老猫介護に関する環境や市場の動向や変化を把握、予測し、その発展に貢献するために、調査・分析を実施しています。

■老犬ホーム・介護情報サービス「老犬ケア」(https://www.rouken-care.jp/)
「老犬ケア」は老犬ホーム、愛犬介護のノウハウ、介護用品情報の提供サービスです。

■リブモ株式会社
リブモ株式会社は愛犬に関する情報を飼い主のみなさまに提供することにより、愛犬と飼い主の幸せな生活をサポートすることを目指しています。

ジャンル
調査・研究結果
業界
IT・通信[コンシューマ]
掲載日
2017年 03月 09日
タグ
調査 老犬 老犬ホーム 老犬介護 老犬ケア

月別掲載数

お知らせ