無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

賃貸管理会社の東急住宅リース、ナチュラル系リフォーム会社のハプティックが共同企画 ~ハイレゾ音源による質の高い住空間の提供を目指して~

株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメントのプレスリリース2017年 02月 23日

東急住宅リース株式会社(代表取締役社長:北川登士彦、本社:東京都新宿区、以下、「東急住宅リース」)、株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント(代表取締役社長:斉藤正明、本社:東京都渋谷区、以下、「JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント」)、ハプティック株式会社(代表取締役社長:小倉弘之、本社:東京都渋谷区、以下、「ハプティック」)の3社は、JVCケンウッド・ビクターエンタテインメントが企画・発売する高音質・広帯域の自然音を再現するハイレゾリューション(ハイレゾ)音源を活用した空間音響デザイン・システム「KooNe(クーネ)」をベースに、入居希望者様が癒しやすらぎを感じることのできる住まいづくりを目指して共同で商品企画を実施いたします。

「KooNe(クーネ)」で提供されるハイレゾ音源は、JVCケンウッド・ビクターエンタテインメントが奈良県立医科大学 産学官連携推進センター教授 梅田智広 医学博士の監修のもと独自に行った実験で、心拍数及び自律神経の安定がみられたという特長があり、これまで図書館、教育施設、ホテル、オフィス、医療施設及び商業施設等様々な空間に「KooNe(クーネ)」が導入されています。

この度、東急住宅リースがハプティックと開発したナチュラル系定額制リノベーション商品「T×HAPTIC(ティー・ハプティック)」のモデルルーム「TENOHA DAIKANYAMA」(所在地:渋谷区代官山町)に「KooNe(クーネ)」を本年2月末までに設置することで、東急住宅リースとご契約のオーナー様や入居希望者様に、ハイレゾ音源による質の高い住空間を体感いただくことが可能となります。

 今後、3社は「KooNe(クーネ)」をベースとした住宅専用商品の共同企画に取り組み、「TENOHA DAIKANYAMA」での試みを軸に、自然に溢れる豊かな「音」に触れて心地よさを感じる、快適な住空間のご提案に努めてまいります。

■空間音響デザイン「KooNe(クーネ)」:高周波・広帯域の自然のハイレゾ音源と音に包みこまれる空間を作り出す“間接音響”で聴覚中心の居心地の良い空間を創造する空間音響デザイン・ソリューション(オープン価格) http://www.koone.jp

ジャンル
商品・サービス
業界
建設・住宅・空間デザイン
掲載日
2017年 02月 23日
タグ
リフォーム 空間デザイン ハイレゾ 音響デザイン KooNe

月別掲載数