無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

【先着100名様限定】アナハイム大学オンラインTESOL(英語教授法)修士課程、黒澤明スクールオブフィルムオンライン修士課程授業料緩和のお知らせ

Anaheim Universityのプレスリリース2017年 02月 22日

米国カリフォルニア州に拠点を置き、世界各地にオンライン教育を提供するアナハイム大学では、この度、オンラインTESOL(英語教授法)修士課程(MA TESOL)及び、黒澤明スクール・オブ・フィルムの修士プログラムにて、各プログラム先着100名様限定で授業料を大幅に緩和いたします。

【背景】
米国では多くの大学生が卒業後、多額の奨学金の返済に悩まされています。2012年時点では大学院生一人当たり平均17,500ドルの奨学金による負債を抱えており、その後も平均負債額は上昇を続けています。(出典:The Institute of Education Sciences https://ies.ed.gov/)アナハイム大学では卒業時に学生の皆さまが奨学金の負債を抱えることなく質の高い教育を受けられるよう、授業料を大幅に緩和することを決定いたしました。

【詳細】
今回の緩和によりオンラインTESOL(英語教授法)修士課程(Master of Arts in TESOL)では、授業料の25%免除(約4,000ドル)に加え、修士論文(または研究ポートフォリオ)に係る費用(約6,000ドル)を合わせた、合計約10,000ドルが免除されます。同プログラムでは、世界的に著名なTESOL教授陣が毎週リアルタイムのオンライン授業を行うほか、ディスカッションフォーラムなどを通じた教員や学生同士の交流が活発に行われるなど、インタラクティブなカリキュラムが特長です。

オンラインでデジタル映画製作を学ぶ黒澤明スクール・オブ・フィルムでは修士課程プログラム(Master of Fine Arts in Digital Filmmaking)の授業料が50%免除(約10,500ドル) となります。オンライン学習のほか、カリフォルニア州ハリウッドまたは東京で開催される夏季集中講義では、業界で活躍するプロフェッショナルに直接学べる貴重な機会をご提供します。

また、盛田昭夫スクール・オブ・ビジネスでは引き続き、オンラインMBAプログラム及びDBAプログラム*の授業料緩和(総額費用5,000ドル以下 (MBA)・約10,000ドル(DBA))を行います(先着100名様)。
*MBAがMaster of Business Administration (修士課程)であるのに対し、DBAはDoctor of Business Administration(博士課程)。

この件に関するお問い合わせ:support@anaheim.edu(日本語可)

【アナハイム大学について】
所在地: 1240 S. State College Blvd. #110 Anaheim CA 92806
設立: 1996 年
Tel: +1-714-772-3330
URL: http://www.anaheim.edu
事業内容: 米国カリフォルニア州アナハイムを拠点に、1996 年の設立以来、オンライン TESOL(英語教授法)プログラムやMBA など、質の高いオンライン教育を短期資格取得コースから修士課程及び博士課程コースにわたって世界各地でご提供しています。

ジャンル
キャンペーン
業界
教育・資格・人材
掲載日
2017年 02月 22日
タグ
映画 大学院 MBA ビジネススクール 英語教育

月別掲載数

お知らせ