無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

日中翻訳学院、日文中訳「鄭塾」通信講座第13期を2月開講へ

日本僑報社のプレスリリース2017年 01月 06日

日中翻訳学院、日文中訳「鄭塾」通信講座第13期を2月開講へ

【日本僑報社発】日本僑報社・日中翻訳学院は、2月開講の日文中訳「鄭塾」通信講座・第13期受講生を募集します。

指導講師は、中国の著名な翻訳家である鄭民欽教授。毎週、課題文を受講生にメールで送り、受講生は2週間以内に訳文を講師あてメールで提出します。

講師は丁寧に添削したものを各受講生あてに郵送するとともに、参考訳文と講評をメールで送付します。これを10回くり返し、最終回はスクーリングを計画しています。受講生には修了証書を授与します。

第13期1回目の課題文発送は、2月13日(以後、毎週月曜に課題文発送)。

受講生の訳文提出締め切りは2週間後の日曜日とし、参考訳文の発送はその1週間後とします。 最終回はスクーリングを開催する予定。スクーリングに参加できない方には別途、特別課題を用意します。

* 課題文の見本 http://fanyi.duan.jp/tei1.htm 

申し込み要領、受講料などの詳細は以下の通り。

有名講師の直接指導で、さらに日文中訳の質を高め、スキルを磨くチャンスです!

多くの受講生の参加をお待ちしています!

※ 日文中訳「鄭塾」通信講座・第13期のご案内

http://fanyi.duan.jp/teijuku.htm 

■講師紹介: 鄭民欽教授

1946年、福建生まれ。北京外国語大学日本語学科卒業。中日友好協会副秘書長、慶應大学訪問研究員などを歴任。

現在は、中国日本文学研究会副会長、中国作家協会会員、北京大学中日詩歌比較研究会理事、北京大学日本研究センター特別研究員などを兼任。

著書は『日本俳句史』、『日本民族詩歌史』、『和歌美学』など。

訳著は『源氏物語』、『奥の細道』、『孔子』(井上靖)、『万延元年のフットボール』『燃え上がる緑の木』(大江健三郎)、『東京人』(川端康成)、『春琴抄』(谷崎潤一郎)など約80種。

■主 催: 日本僑報社・日中翻訳学院

〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-17-15  電話:03-5956-2808

ジャンル
商品・サービス
業界
出版・アート・カルチャー
掲載日
2017年 01月 06日
タグ
日本僑報社 日中翻訳学院 鄭塾
今、最も選ばれているプレスリリース配信サイトが利用企業1万社突破

月別掲載数