無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

2016年JリーグMVP受賞した中村憲剛が子ども達の「サッカー脳」を育む! 80名の子ども達に自身の哲学を直接指導

株式会社イースリーのプレスリリース2016年 12月 21日

2017年1月7日(土)に富士通スタジアム川崎にて「KENGO Academy」が主催する「KENGO Academy CLINIC presented by Lenor」を開催いたします。このイベントは、元サッカー日本代表でプロサッカー選手であり活躍中の中村憲剛選手(現川崎フロンターレ所属)をコーチとしたサッカークリニックです。全国から約80名の子ども達が集まり、中村憲剛選手本人が技術やサッカーの考え方について直接指導します。

■日程:2017年1月7日(土)10:00~18:00
■開催会場:富士通スタジアム川崎(神奈川県川崎市川崎区富士見2-1-9)
http://www.kawasaki-fujimi.com/
■参加者:小学校3~4年生/小学校5~6年生 約80名
■タイムテーブル:
【U-10】(小学校3~4年生)
9:20 受付開始
9:50 トレーニング開始(約90分)
11:30 セミナー(スパイクお手入れ講座)
12:30 修了式・ファンサービス
【U-12】(小学校5~6年生)
13:50 受付開始
14:20 トレーニング開始(約90分)
16:00 セミナー(スパイクお手入れ講座)
17:00 修了式・ファンサービス
※多少の時間は前後する可能性がございます。

主催:KENGO Academy CLINIC 実行委員会
協賛:P&G
協力:ミズノ株式会社・株式会社明治・株式会社ドール

【KENGO Academyとは】
子どもの頃は身体が小さく、フィジカル的に劣っていたため、中学生でサッカーを辞めてしまった中村憲剛。彼がなぜ日本を代表するサッカー選手となれたのか。同じ悩みを持つ多くの子ども達に自身の経験を伝え、子ども達の育成に寄与していくために開設。「サカイク」などのメディアや映像コンテンツ、イベントなどを通じて情報を発信している。

【KENGO Academyが育てるプレーヤー】
1.高度なボール技術を備えたプレーヤー
「止める」「蹴る」と言う足元の基本技術を極限まで高めることにこだわる
2.俯瞰的な視野をもってプレーできるプレーヤー
状況を見極め、多くの選択肢の中から正しい判断ができる力を養う
3.困難な壁にぶつかっても、どうすれば乗り越えられるかを自分で考えられるプレーヤー
自分が置かれている状況を把握する大切さを身につける

【中村憲剛選手コメント】

『KENGO Academy CLINICでは、僕が普段大事にしていることや実際に実践していることを限られた時間の中ではありますが、直接指導します。そこで学んだことや感じたことを子どもたちが持ち帰って今後のレベルアップに繋げて貰えたら本当に嬉しく思います。何よりみなさんと一緒にサッカーができることを楽しみにしています!』

中村憲剛(なかむら・けんご)
1980年10月31日生まれ。東京都小平市出身。小学生時代に府ロクサッカークラブでサッカーを始め、都立久留米高校(現・東京都立東久留米総合高校)、中央大学を経て03年に川崎フロンターレ加入。06年10月、日本代表としてデビュー。国際Aマッチ68試合出場6得点(2015年2月現在)。05年から16年まで12年連続Jリーグ優秀選手賞を受賞。Jリーグベストイレブン6回選出。16年Jリーグ最優秀選手賞を初受賞。

報道関係各位におかれましては、是非ご来場の上、ご取材いただきますようご案内申し上げます。
本イベント当日、18時15分頃(※イベント状況により前後する可能性がございます。)より中村憲剛選手の囲み取材の場をご用意いたします。
また、本イベントをご取材頂く場合は、広報事務局までご連絡ください。

ジャンル
イベント
業界
スポーツ
掲載日
2016年 12月 21日
タグ
サッカー 中村憲剛

月別掲載数

お知らせ