無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

次世代電池と福祉施設のコラボレーション「Blue Bird Project」始動!

株式会社アンバーのプレスリリース2016年 12月 20日

安全且つ簡易に生産できる技術により、障がい者施設やご高齢者等の社会的ハンディキャッパーの方々が自ら組み立てていただき、地域社会への自立支援を応援します。弊社のマグネシウム電池技術を応用し、障がい者の皆様やご高齢の皆様に「創る喜び」・「働く喜び」・「社会と関わり生きる喜び」という3つの喜びで創造する新しいビジネス・生産スタイルを作ろうとプロジェクトを立ち上げました。
 マグネシウム電池開発・製造を手掛ける、株式会社アンバー(所在地:福岡県北九州市、代表取締役:小高晃裕)は、2016年12月15日よりクラウドファンディングサービス「READYFOR」にて、次世代電池と福祉施設のコラボレーション「Blue Bird Project」を開始しました。

「Blue Bird Project」
https://readyfor.jp/projects/bluebird-project

 この度、マグネシウム電池開発・製造を行う株式会社アンバー(所在地:福岡県北九州市、代表取締役:小高晃裕)は、独自のマグネシウム電池技術を利用し、障がい者施設やご高齢者に組み立てを行う全く新しい生産スタイルである「Blue bird Project」をスタートさせました。

 一口3000円から支援を受け付けており、ランタンやマグネシウム電池などのリターンを手に入れることができます。本プロジェクトは2月13日23時〆切であり、目標金額の100万円に達した場合のみ、プロジェクトが成立となります。

【プロジェクトで製作する商品】
次世代マグネシウム電池「Mg Power Cell」

1 安全な電池
 一般的に利用されている、マンガン電池やアルカリ電池といった使い捨て電池は、プラス極とマイナス極の電気の通り道の役目をする強アルカリ性の電解液を含んでいます。
火災などの事故や、赤ん坊や動物など、液漏れや有害な乾電池の廃棄により、健康的な被害を受けてしまう可能性があります。
 こうした問題も、安全なマグネシウム電池によって解決できます。わたしたちのマグネシウム電池は密閉する必要がなく、使用する部材には有害な物質が含まれませんので、手で触っても基本的には問題がありません。
※含まれる物質自体にアレルギーのある方は差し控える必要があります。

2 効率的なエネルギー
 マグネシウム電池には、電解液につけると、マグネシウムの表面に電気もイオンも通さない被膜ができてしまい、すぐに電気が流れなくなってしまうという性質があります。数十年も前から存在するマグネシウム電池の一種である「海水電池」では、21%程度しか電気エネルギーを取り出せませんでした。
 わたしたちは、従来のマグネシウム電池の構造に独自の触媒を混入することによって、この被膜を作ることを遅らせ、独自の技術で約4倍の80%以上もの電気エネルギーを取り出せるようになりました。このマグネシウム電池1本で、単4電池3本分に匹敵するほどのパワーを持ちます。
3 備蓄用にも。使い勝手のよさ
 必要な電気エネルギーをより少ない部材で取り出せるため必然的に小型化することができます。今回製造しようとしているマグネシウム電池は、実用金属の中でも最も軽いマグネシウムを使用しており、形状は丁度、単4電池ホルダとほぼ大きさが変わらないもので、フラッシュライトやランタン内の単4電池ホルダを外せば、マグネシウム電池がすっぽり収まります。
 また、災害時や備え付けの電池が切れてしまったときなど緊急の場合は、このマグネシウム電池にほんの少量の水分(真水、泥水、お茶、ジュース、尿、血液等)を注いで取り替えることにより即座にご使用できます。反対に、水を入れなければ長期保存できるなど、環境にやさしいハイパワーな電池です。

【背景】
 これまでマグネシウム電池は、以前より注目されていたにも拘らず、なかなか実用化にこぎつけることが出来ませんでした。その後、各大学や大手企業が中心になって、研究開発が進められてきました。
 つい最近、マグネシウム電池を利用した商品として、緊急用バッテリータイプのものがいくつか発売されました。こうした商品は、数十台分のスマートフォンをまとめて充電できるものであり、行政や企業向けのものです。
 そこで、弊社は、小型化とコストダウンが可能な独自の技術で、1人ひとりに、安価でわずか10CCの水分(真水、お茶、ジュース等でもOK)で使用できるマグネシウム電池を開発し、今使用している乾電池(1.5V)よりもハイパワーな電池を商品化することを進めることにしました。

http://www.facebook.com/bluebirdpj

【今後の展望】
 既に弊社は、電池タイプのものから、スマートフォンなどに充電できる小型バッテリータイプのサンプル製作に取り掛かっています。これにより、安価で持ち運びできる小型バッテリーを量産化できます。

 これまでCDプレーヤーやヘッドフォンステレオ等の電子機器類の小型化・高機能化により、製品が多種多様になり、それとともにアルカリ電池や酸化銀電池等の一次電池の需要が増加してきました。しかし、時代の移り変わりとともに、携帯電話や、ノートPC、タブレット等のユビキタスツールが増加しており、それとともに、リチウム電池を中心とした高出力電池の需要が増加してきました。この市場は今後も増加してくると思われ、リチウム電池の電気容量が5~7倍と言われるマグネシウム電池の需要増加の可能性は高いと言えます。

【企業情報】
会社名:株式会社アンバー
所在地:福岡県北九州市小倉北区紺屋町4-6 北九州ビル4F
設 立:平成25年1月31日
資本金:1020万円
代表者:小高 晃裕
電 話:093-967-0001
FAX:093-967-0002
H P:http;//www.amber-inc.co.jp

ジャンル
商品・サービス
業界
デジタル製品・家電
掲載日
2016年 12月 20日
タグ
環境 クラウドファンディング 社会福祉 マグネシウム電池 使い捨て電池

月別掲載数