無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

文法は出来ても英語は話せない日本人 関西の街から世界を目指せる子どもを育てる 民間学童保育の挑戦!

リタマーケティング株式会社のプレスリリース2016年 11月 21日

株式会社CLC(所在地:大阪府堺市・代表:砂田千秋)は、日本の英語教育では指導しきれていない「英語を話せて国際社会に貢献できる人材」を育てるため、民間学童保育に通いながら週6時間ネイティブスピーカーと交流できるバイリンガル教育を2016年12月より開始する。

海外から見た日本の英語教育のレベルがとても低いというのは、すでに常識になっている。民間調査会社(㈱バルク調べ)が行った「外国語に関する調査」によると「英語が苦手な人」は調査全体の約7割。苦手な理由は「英文が聞き取れない」「発音がわからない」が圧倒的に多い。文法を訳したり和文を英文に直すことは出来ても実際に英語は話せない、という人も多いだろう。なぜこのようなことが起こっているのだろうか。
CLCの代表・砂田千秋は、自身の海外在住経験から、「授業や英会話教室で時々ネイティブスピーカーと接する程度では英語は話せない。」と考えた。そこで、コミュニケーション中心、長時間のバイリンガル教育で、子どものうちから楽しく英語になじめる仕組みを考案した。
CLCでは、週3日・6時間のネイティブスピーカーによるバイリンガル教育を行う。大手英会話教室の小学生コースだと週1回1時間ネイティブスピーカーと過ごすところ、CLCでは約6倍のボリューム。子どもたちは学童保育の時間の中で長時間ネイティブスピーカーと関わり、英語で会話をすることができる。こうして本物の英語に触れ続けることで自然と英語に抵抗がなくなり、身に付いていく仕組みだ。
砂田は「幼いうちから英語を話せるようになると大きな自信となり、進路の幅が広がるなど将来の選択肢も増える。一人でも多くの子どもが英語や海外に興味を持ち、国際社会に貢献できる子どもに育ってほしい。」という。砂田の挑戦は始まったばかりだ。

【会社概要】
株式会社CLC
〒591-8036 大阪府堺市北区長曽根町3077-1 なかもずクリエイティブセンター103
電話番号:072-256-0987
会社ホームページ:http://clcjapan.com/

ジャンル
商品・サービス
業界
教育・資格・人材
掲載日
2016年 11月 21日
タグ
教育 小学生 学童保育 アフタースクール 小学校

月別掲載数

お知らせ