無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

IC対応カードリーダーがWindowsパソコンでも利用可能に!

ルミーズ株式会社のプレスリリース2016年 11月 01日

ルミーズ株式会社(本社:長野県小諸市、代表取締役:戸田 一行 以下、「ルミーズ」といいます)は、2014年10月より、店舗向けカード決済パッケージ「pCAT(ピーキャット)」を提供してまいりましたが、この度、Windows版のカード決済パッケージ「pCAT for Windows」でもICチップ付カードによる決済が行えるようになりましたので、お知らせさせていただきます。

・加盟店の受付け開始日:2016年11月1日(火)
・サービス提供開始日:2016年11月21日(月)

ルミーズでは、予てよりiPhone/iPad版のカード決済パッケージ「pCAT for iPhone・iPad」にてICチップ付カードの決済を行うことはできましたが、Windows版は対応していませんでした。今回のリリースにより、iPhone/iPad版と同様のIC対応カードリーダーをWindowsパソコンと接続し、専用アプリケーションをインストールすることで、ICチップ付カードによる決済が行えるようになります。
なお、本リリースの背景には、カードブランドVisaが提唱する「ライアビリティシフト(債務責任の移行)」があります。これは、ICカード未対応の端末を設置している加盟店で、ICカードでありながら磁気ストライプによる決済を行った結果、不正取引が生じてしまった場合、その債務責任が従来のイシュア(カード発行会社)からアクワイアラ(加盟店契約会社)に移行されるというルールです。また、10月18日に政府にて閣議決定された「割賦販売法の一部を改正する法律案」(※1)では、加盟店に決済端末のIC対応化を義務付ける内容が盛り込まれました。
このようなことから、ルミーズでは2020年の東京オリンピックを見据え、安全・安心な決済インフラの基盤整備に少しでも貢献できるよう、本製品の導入を促進して参る所存です。まずは、目標としまして、本年度に500店舗への導入を目指します。

■製品の主な特長
・お手持ちのWindowsパソコンが決済端末となります。また、パソコンにつながっているプリンターでレシートを印刷することができます。
・複数の端末を一元管理することができます。
・店舗ではWindowsパソコン、外出先ではiPhoneという利用シーンでも1台のカードリーダーで対応することができます。
・習い事の月謝など定期的に発生する課金を自動処理する為の受付システムとして利用することができます。
・商品登録を行うことができます。この機能により商品ボタンをワンタッチするだけで予め設定された金額が自動で入力されます。打ち間違えも起こりませんし、会計時間の短縮にもつながります。
・Web管理画面をご用意しています。取引ログの確認や決済の取消などを行うことができます。
・POSシステムと連係することができます。(12月リリース予定)
・OEMでの提供も可能です。pCATを独自ブランドで展開することができます。

製品およびサービス、料金等の詳しい内容につきましては以下URLをご覧ください。
http://paw.remise.jp/
※1 詳しくは以下の経済産業省のホームページをご覧ください。
http://www.meti.go.jp/press/2016/10/20161018001/20161018001.html
※2 現在もっともセキュリティレベルが高い暗号化キーの管理手法で、トランザクションごとに異なる暗号化キーが生成される方式のこと。

ジャンル
商品・サービス
業界
IT・通信[エンタープライズ]
掲載日
2016年 11月 01日
タグ
Windows カード決済 カードリーダー 対面決済 IC

月別掲載数

お知らせ