無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

「おかしな中国語訳」が話題に、メルマガ「日中中日翻訳フォーラム」第31号が紹介

日本僑報社のプレスリリース2016年 11月 01日

「おかしな中国語訳」が話題に、メルマガ「日中中日翻訳フォーラム」第31号が紹介

10月31日に配信された日中翻訳学院のメールマガジン、日中中日翻訳フォーラム第31号は、下記の内容を掲載しました。

今号のメルマガ「日中中日翻訳フォーラム」をお読みいただくとわかりますが、日中翻訳学院の受講生・修了生で、これまでに翻訳書を2冊以上出された方は、すでに4、5名を数えます。本田朋子さん、森永洋花さん、藤村とも恵さん、東滋子さん(順不同)などで、これら翻訳者の皆さんの活躍をうれしく思うともに、そのたゆまぬ努力に心より感謝申しあげます。

このたび1週間余り、中国の上海市や湖南省に出張してきました。その間、中国の人気SNS「微信」(WeChat)で話題となっていたのが、日本を訪れた中国人観光客が発信したと思われる「おかしな中国語訳」の写真の数々です(その逆に、中国で見られる「おかしな日本語訳」も話題となっていました)。

例えば、「ぶっかけうどん・そば」の中国語訳は「顔射烏冬面・蕎麦」、「靴を脱いでお上がり下さい」は「請脱下悠的鞋」と表記されていました(*このメルマガでは簡体字が文字化けしてしまうため、あえて日本の漢字に直しています)。

どうしたら、こんなおかしな中国語に訳されるのか? 翻訳ソフトを鵜呑みにしたり、中国語の漢字がわからず、そのため表記を誤ったりしたのでしょうか。

この話題は、単におもしろおかしいだけでなく、翻訳が(日常生活においても)いかに重要であるかを示す好例だと思いました。
日中翻訳学院の皆さんは、出版翻訳を中心に学ばれていますが、こうした身近な日常にひそむ「誤訳」についても関心を持っていただきたい。そして日々、こうした生の情報を仕入れて、よりよい翻訳をめざしていただきたいと願っています。

※ 毎月最終水曜日に配信しているメルマガ「日中中日翻訳フォーラム」ですが、今号は、私段躍中が10月27日(木)まで1週間余り中国に出張していたため、配信が遅れました。お詫びを申し上げるとともに、引き続きご愛読くださるようよろしくお願いいたします!

2016年10月31日

段躍中

目次

1)日中翻訳学院 中文和訳の通信講座「武吉塾」第17期が開講
http://fanyi.duan.jp/takeyosijuku.htm

2)日文中訳の通信講座「鄭塾」第12期、10月より開講
http://fanyi.duan.jp/teijuku.htm
 
3)【受講生動向】森永洋花さん訳『中国企業成長調査研究報告―最新版』が刊行
http://duan.jp/item/216.html 

4)【受講生動向】藤村とも恵さん訳、豊子ガイ第5巻『わが子たちへ』が刊行
http://duan.jp/item/194.html 

5)【受講生動向】豊子ガイ児童文学全集シリーズ これまでの刊行作品
http://duan.jp/item/17jidou.html

6)【著者動向】小島康誉氏、新疆の文化財保護30周年記念し現地で講演
http://duan.jp/news/jp/20161005.htm 

7)東京五輪応援の意込め、日本僑報社代表メルアドを「2020@duan.jp」に
http://duan.jp/news/jp/20161006.htm 

ジャンル
未分類
業界
出版・アート・カルチャー
掲載日
2016年 11月 01日
タグ
日本僑報社 日中翻訳学院 段躍中 日中中日翻訳フォーラム

月別掲載数