無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

東海地方初の京都アンテナショップ「丸竹夷」 人気の夜カフェに京都の地酒とおばんざいメニューが登場

株式会社成澤勝治郎商店のプレスリリース2016年 10月 31日

2016年3月30日に愛知県名古屋市にオープンした京都アンテナショップ「丸竹夷」(店名:まるたけえびす。運営:株式会社成澤勝治郎商店、代表取締役:成沢崇)。
店舗は、築80年超の町家を改修し、「うなぎの寝床」と呼ばれる京町家の姿を再現しました。

京都アンテナショップ「丸竹夷」では、以前より「茶ろん」にて行っていた週末21時まで営業時間を延長する「夜カフェ」をリニューアルし、9月23日(金)より営業時間を毎週金曜日〜日曜日の週末3日間のみ23時閉店に延長し、18時〜23時までの時間帯は京都の地酒とおばんざいを提供する新たなスタイルへとリニューアルしました。

京都といえば月桂冠や宝酒造に代表される伏見の日本酒が有名ですが、日本海側の丹後地域や福知山などにも小さいながらも優秀な蔵元が数多くあり、京都府内の各蔵元に協力していただくことで東海地方ではなかなか飲むことの出来ない京都の地酒を集めることに成功。旬を彩るおばんざい(惣菜)とともに夜カフェにて提供しています。

現在(2016年10月30日時点)は、京丹後市の白杉酒造、福知山市の東和酒造などを揃え、地酒は今後もその時に飲み頃を迎えるもの、京都アンテナショップでしかを飲めないものを京都府内各地から取り寄せていきます。

食事メニューは、ランチでも好評のおばんざいを夜用にアレンジし、数量限定で提供しています。肉じゃがやポテトサラダ、出汁巻き玉子などの定番メニューの他に旬の食材も豊富に使用。秋は「さつま芋と青ネギの炊いたん」、「焼銀杏」、「椎茸とバターのニンニク炒め」、「かぼちゃの直がつお煮」なども日替わりでメニューに並びます。値段も300円〜700円と手頃な価格設定でお一人様や一人暮らしのOL、サラリーマンにも好評です。

「丸竹夷」では、一般的な土産物店では購入できない厳選した京都の逸品と、その文化に触れることのできるさまざまな情報を提供していくアンテナショップとしてオープンしました。

今後も、物販に限定することなく、宇治の抹茶や玉露など日本茶の提供、京都の地酒とおばんざいの提供をしながら、京都を愛する人、京都の魅力に触れたいと思う多くの人々が集う場として展開していき、地元の京都、奈良、滋賀などにも出店していく計画です。

ジャンル
商品・サービス
業界
食品・飲料
掲載日
2016年 10月 31日
タグ
名古屋 京都 料理 アンテナショップ 日本酒

月別掲載数

お知らせ