無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

無神経な一言、傲慢な態度…こんな先生はイヤだ! 「整骨院の先生との会話にまつわる嫌な思い出」についての調査結果を発表

株式会社健生のプレスリリース2016年 10月 28日

■こんな整骨院はNG!先生との会話にまつわる嫌な思い出とは
http://yawarabiz-jn.com/media/2016/09/23/137

整骨院・接骨院では、患者さんの状態を正確に把握するためにコミュニケーションが欠かせません。
どんなにすぐれた技術を持っていても、会話で悪い印象を与えてしまうと患者さんの心は離れてしまいます。そういった意味ではコミュニケーション術も施術者には必要不可欠なスキルといえるのかもしれませんね。

そこで実際施術者との会話で嫌な思いをしたことがあるという方に、どんな点が不快と感じたのかアンケートをとって聞いてみました。

【回答数】
■調査地域:全国
■調査対象:【年齢】40代~50代
■調査期間:2016年07月28日~2016年08月11日
■有効回答数:100サンプル

無神経な一言や傲慢な態度が患者さんの心を傷つけている

アンケートでは驚くほど赤裸々な回答が寄せられました。施術者にとっては耳の痛いところも!?

・「加齢によるもの」「歳をとるとどうしてもねぇ」など、しつこいぐらい「加齢」を連発された。(40代/女性/専業主婦)
・痛みの症状を話した際に、もうそういう年ごろなんだねと笑われた時(40代/女性/契約派遣社員)
・話し方が要領を得なかったのかも知れませんが、こちらの話を最後まで聞かずに、先生の方で勝手に結論づけてしまうこと。(50代/男性/専業主夫)
・やたらと上から目線で、人をバカにしたような会話に不快でした。(40代/女性/専業主婦)
・胸の大きさを指摘された時です。肩こりで通院していましたが何回も言われて非常に不快な思いをしました。それでその接骨院には行かなくなりました。(50代/女性/専業主婦)
・凄く偉そうな整骨院の先生に、腰痛で痛くて通院した時に、夜の腰の使い過ぎじゃないのと下ネタを言われた時に不快でした。(40代/男性/自営業(個人事業主))

接骨院を訪れる患者さんの中には中高年の方も多くいます。ご本人もある程度気にしている場合もあるかもしれませんが、それを他人から指摘されるのはまた別。年齢に言及するのは無神経な発言といわざるを得ません。
また、患者さんの話をろくに聞かずに決めつけているという意見もありますが、これでは何のためのコミュニケーションかわかりませんね。
そして話をするときの態度も大切。フレンドリーなのも良いですが、度を越してなれなれしいのは問題です。セクハラ発言が男女問わずNGなのはいうまでもありませんね。

■「やわらbizジャーナル」 毎週3回更新中!
URL:http://yawarabiz-jn.com/
「開業ナビ」「経営・集客のコツ」「最新業界情報」「柔整師の道」「介護福祉」「保険請求ガイド」「現場の声を聞く」「コラム」の8つのカテゴリで、集客や保険請求申請方法に関するノウハウ、最新の業界情報を中心に、介護福祉に関する内容までをカバーする幅広い情報を配信しています。

■会社概要
会社名:株式会社健生
本社住所:〒980-0004 宮城県仙台市青葉区宮町3-5-20 KENSEI-BLDG
創業:平成6年6月1日
資本金:1億5,300万円
代表者:中尾 充
URL:http://www.kensei-group.jp/index.php

ジャンル
調査・研究結果
業界
美容・医療・健康
掲載日
2016年 10月 28日
タグ
調査 整骨院 接骨院 コミュニケーション 会話

月別掲載数

お知らせ