無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

「子どもは遊ぶ。大人も遊ぶ。<遊ぶ>を祝おう。」今年も10月1日都民の日に「とうきょうプレイデー」開催

とうきょうプレイデー実行委員会のプレスリリース2016年 09月 21日

 子どもの遊びの価値向上に取り組んできた団体や施設等が発起人となり、すべての子どもたちが豊かに遊べる環境づくりの大切さを啓発するキャンペーンとして、2013年の10月1日都民の日に「とうきょうプレイデー」をスタートさせました(http://playday.jp/、主催:とうきょうプレイデー実行委員会、協力:一般社団法人TOKYO PLAY 他)。
 毎年10月1日は「<遊ぶ>を祝おう!」を合言葉に、東京の各地で遊び場や遊びに関する啓発イベントが催されます。昨年は都内39会場に2,000人の参加がありました。プレイデーはもともとイギリス発祥で、イギリスでは全国で800を超える会場に50万人以上が参加する一大イベントとなっています。

 本年は開始以来初の土曜日となる都民の日に、渋谷区のみやしたこうえんをメイン会場として、60を超えるサテライト会場(児童館、子育て支援施設、冒険遊び場、商店街など趣旨に賛同して各々の地域で開催する遊び場)にて開催いたします。
 是非、ご取材並びに広報のご協力をいただきますよう、ご案内申し上げます。

【開催概要】
 メイン会場および、とうきょうプレイデーの趣旨に賛同する都内各地のサテライト会場にて、遊び場の提供や、遊びに関する啓発イベントを開催します。また、マスコットキャラクターのプレイデーマンが公共交通機関を活用して、各サテライト会場を訪問して、プレイデーを盛り上げます。

[日時]2016年10月1日(土・都民の日)、開催時間は会場毎に設定
[会場]
 ・メイン会場:渋谷区みやしたこうえん(渋谷区神宮前6-20-10)
  手作り楽器・おもちゃづくり、しゃぼん玉遊びに、ベーゴマ・けん玉などの昔遊びなどを入り口に、その場にいる人の「やってみたい」の気持ちで、その場の環境を活かしてどんどん遊びを広げていきます。
 ・サテライト会場:都内各地(Facebookページにて告知中、https://www.facebook.com/tokyoplayday/
[参加対象等]
 ・参加対象:0~18歳までの子どもとその保護者、関心のある方
 ・想定参加者数:サテライト会場を含むイベント全体で3,000人
 ・参加費:無料を原則とする
[主催]とうきょうプレイデー実行委員会(委員長:岡本みどり)
[協力]株式会社ディレクションズ、(一社)TOKYO PLAY
[後援]東京都、世田谷区、台東区、豊島区、品川区、子育て応援とうきょう会議、(一財)児童健全育成推進財団、(公社)こども環境学会、(特非)日本冒険遊び場づくり協会、(特非)子ども劇場東京都協議会、(特非)おもちゃの図書館全国連絡会、東京おもちゃ美術館、(特非)コドモ・ワカモノまちing、OMEP 日本委員会、IPA日本支部、(一社)TOKYO PLAY

ジャンル
イベント
業界
その他
掲載日
2016年 09月 21日
タグ
東京 子ども 遊び

月別掲載数

お知らせ